源頼朝ゆかりの善福寺池(2)遅野井

遅野井というのは、このあたりの旧地名で、善福寺池の湧水「遅乃井」に由来します。

Img_4652 Img_4658 Img_4656

善福寺池の上の池の西側に、遅野井があり、遅野井碑が建っています。

源頼朝が奥州征伐の帰りにこの地に立ち寄り休憩したのですが、干ばつで水がなく、渇きに苦しみました。

そこで頼朝が自ら弓で地面を掘ったのですが、その水が湧き出し方がとても遅かったことから「遅乃井」と名付けられたという伝説が伝えられています。

Img_4655 Img_4657

応援のポチッのご協力お願いします。

 

 

| | コメント (2)

源頼朝ゆかりの善福寺池(1)

東京都杉並区の善福寺公園は、善福寺池を中心に、遊具・遊歩道が整備され、市民の憩いの場となっています。

Img_4651 Img_4648

また、善福寺池は善福寺川、また東京都水道局杉並浄水所の水源にもなっています。

善福寺池は、湧水量も多く、古来より武蔵野三大湧水池のひとつとして知られていました。

Img_4650 Img_4647

善福寺池の名の由来は、池のほとりにあった寺からきていますが、江戸時代に廃寺となっています。

Img_4649 Img_4659

池は上の池と下の池に分かれ、両方で約37,000平方メートルあり、公園全体の47%を占めています。

池にはカモ、カイツブリ、バンなどの水鳥やカワセミも来ます。

応援のポチッのご協力お願いします。

 

 

| | コメント (2)

井草八幡宮(3)神門~拝殿

文明9年には太田道灌が石神井城の豊島氏を攻むるに当たり、戦勝祈願をしたといいます。
江戸幕府三代将軍の徳川家光は、寺社奉行井上正利をして社殿を造営し、 慶安2年に朱印領六石を寄進。以降幕末まで歴代将軍から朱印地の寄進があり、その頃、氏子崇敬者により、石燈篭、石鳥居、狛犬、手水盤などが奉献されました。
神門
Img_4644
拝殿
本殿の建築様式は権現造り。
昭和49年築のコンクリート造りの殿内には寛文4年(1664)に今川氏堯が改築した一間四方の朱塗の本殿があります。
杉並区最古の木造建築物です。


応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (2)

«井草八幡宮(2)頼朝お手植えの松