2020年7月12日 (日)

鞍馬寺(5) 木の根道

閃緑岩

Img_5555

背くらべ石から不動堂までの坂道一帯の地下には、閃緑岩の岩脈があり、玉葱状風化により鶏卵大から拳大の球形を示すことから、俗に天狗の卵と呼ばれました。

 

木の根道

Img_5574 Img_5561

根が地表面でアラベスク模様を描くのは、この辺り一帯の砂岩が、灼熱のマグマの貫入によって硬化したために根が地下に伸びることが出来なかったためなのだそう。

牛若も「木の根道」で兵法修行をしたと伝えられています。

Img_5573

「下に這う鞍馬の山の木の根見よ 耐えたるものはかくのごときぞ」

與謝野寛(鉄幹)

Img_5560 Img_5559

木の根道は、硬い地質のため杉の根が地中に入り難く、地表を這っている珍しい姿です。

木の根は、樹木を育て生命を支える大切な働きをしています。できるだけ踏まないようやさしく接してください。(駒札より)

 

応援のポチッのご協力お願いします。

 

 

2020年7月 5日 (日)

鞍馬寺(4)義経背比べ石

2018年94日に上陸した台風21号は、関西地方に猛威をふるい、貴船・鞍馬一帯でも大きな被害が出ました。 特に鞍馬寺では境内の倒木の被害が激しく、昨年秋もまだ手付かずの状態で大木が横たわっていました。

Img_5548 Img_5549 Img_5550

倒木をよけながら歩き、やっと義経背比べ石に到着です。

Img_5554 Img_5552

平家が父の仇であることを知った牛若は奥州平泉の藤原秀衡を頼って鞍馬寺を出奔。

その際、名残を惜しんで、この石と背比べをしたと伝わっています。

Img_5551 Img_5553

 遮那王と名のって10年あまり鞍馬山で修行をしていた牛若丸が山をあとに奥州平泉の藤原秀衡の許に下るときなごりを惜しんで背を比べた石といわれる。波乱に富んだ義経の生涯は、この石に始まるといえよう。

  遮那王が背くらべ石を山に見てわがこころなほ明日を待つかな  与謝野 寛(駒札より)

応援のポチッのご協力お願いします。

 

 

2020年6月28日 (日)

鞍馬寺(3)不動堂

不動堂には、伝教大師、最澄が天台宗立教の悲願に燃え、一刀三礼を尽くし刻んだ不動明王が奉安されています。

Img_5544 Img_5546

堂内の不動明王は比叡山開祖伝教大師がここに参籠したときに刻んだと伝えられる。また牛若丸が鞍馬天狗より兵法を学んだ舞台は、このあたりであるという。(駒札より)

Img_5547 Img_5545

応援のポチッのご協力お願いします。

 

«鞍馬寺(2)僧正が谷「義経堂」

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ