« 東山・松原の怪しいお店 | トップページ | 毛越寺(1) »

2005年8月30日 (火)

いざ東北へ!

今年6月下旬、義経ブーム発祥の地、奥州平泉へ行ってきました。浜松から東海道新幹線で東京へ出て、東北新幹線に乗り換え、一ノ関で下車。そこで東北本線に乗り換えて平泉へ。この東北本線のドアは、乗り降りの際、、ボタンを押して開けるという半手動式で、(駅によっては自動で開く)これには少々驚いた。駅へ着くと、一ノ関の駅も平泉の駅も義経一色という感じであった。C_57 b b

« 東山・松原の怪しいお店 | トップページ | 毛越寺(1) »

義経ゆかりの地を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

新規連載「いざ東北」の更新楽しみにしています。
本当に義経一色ですね。

はい、少しずつ平泉の写真を載せていきたいと思います。

史跡だけでなく、こういう風な写真を撮るのも楽しいですね。
平泉の人たちの心意気が伝わってきます。

そうですね。こういう歓迎ムードはあると行った方としても嬉しいものです。

有名な史跡があると言う事は町の活性化に大いに繋がりますね!
市(?)を挙げての歓迎振りが訪れた人を喜ばせてくれますね。

東北本線のドアが半手動式!・・・私も7月、氷見線で同じ経験をしました。
でもこちらは田舎ですから(笑)「さもありなん」・・・とは思いましたが・・

やっちちゃんさん、おはようございます。
自動ドアが当然だと思ってると乗り遅れ、降り遅れの惨事に至りますね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ東北へ!:

« 東山・松原の怪しいお店 | トップページ | 毛越寺(1) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ