« 熱田神宮(2)太郎庵椿 | トップページ | 満福寺(1) »

2005年9月28日 (水)

熱田神宮(3)大楠

境内で有名な木の中には、樹齢1000年以上で、弘法大師のお手植えという大楠(写真下)や、花は咲いても実のならないならずの梅などがあります。b

|
|

« 熱田神宮(2)太郎庵椿 | トップページ | 満福寺(1) »

コメント

さすが樹齢1000年以上と言うだけに立派な大楠ですね。

投稿: ラメール | 2005年9月28日 (水) 01時13分

凄い!!
この立派な枝ぶりは氷見の大銀杏に勝ります。
http://www.fiberbit.net/user/mo4a333/050713jyounitiji-ityou/himi-jyounitiji.html

投稿: やっちゃん | 2005年9月28日 (水) 06時16分

改めて氷見の大銀杏の写真を見させていただきました。妖精が宿りそうな立派な木ですね。木というより”生き物”という感じです。

投稿: しずか | 2005年9月28日 (水) 08時18分

鎌倉鶴岡八幡宮の大銀杏も樹齢1000年以上でしたね。
こういった木は長い歴史をじっと見続けているのですね、
義経の時代のさらにその前から、私たちが見上げる今日まで、ずーっと見ているのだと思うと、とても愛しい気がします。

投稿: merry | 2005年9月28日 (水) 09時30分

実朝を殺すために、公暁が隠れていた木ですね。大銀杏は全てを知っているわけか~。木に史実について尋ねてみたいですね。

投稿: しずか | 2005年9月28日 (水) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/6141386

この記事へのトラックバック一覧です: 熱田神宮(3)大楠:

« 熱田神宮(2)太郎庵椿 | トップページ | 満福寺(1) »