« 毛越寺(3)寺名の読みと白鹿伝説 | トップページ | 毛越寺(5)洲浜 »

2005年9月 2日 (金)

毛越寺(4)大泉が池

塔山を背景にした浄土庭園は、平安時代の庭作りの秘伝書「作庭記」にしたがって造られた。建物こそ残っていないが、庭園を中心にお堂の跡がきちんと保存されている。
池は東西約180m、南北約90mで、池のほぼ真ん中に勾玉状の
中島がある。中島にはすべて玉石が敷かれている。 C_49 C_50 C_51 C_52

|
|

« 毛越寺(3)寺名の読みと白鹿伝説 | トップページ | 毛越寺(5)洲浜 »

コメント

テレビなどで見た風景です。
写真が、池に背景が映ってうまく撮れていますので浄土を感じます。
180X90の広さだと野球場くらいの大きさですね。

投稿: ラメール | 2005年9月 2日 (金) 08時24分

大泉が池の写真はいろいろな角度から撮ってみました。一周すると結構距離があります。他の写真は次の記事に載せますね。

投稿: しずか | 2005年9月 2日 (金) 09時00分

大河ドラマ「義経」を見るたびに、この綺麗な池に行ってみたいなと思ってました。
もうすぐ行けます。
嬉しいな~

投稿: merry | 2005年9月 2日 (金) 09時30分

たくさん写したつもりでしたが、帰ってきたらもっと撮ればよかったと思っています。merryさんの写真、楽しみに待ってます。ここは30分の見学の予定で行きましたが足りませんでした。

投稿: しずか | 2005年9月 2日 (金) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/5744403

この記事へのトラックバック一覧です: 毛越寺(4)大泉が池:

« 毛越寺(3)寺名の読みと白鹿伝説 | トップページ | 毛越寺(5)洲浜 »