« 熱田神宮(1)本宮 | トップページ | 熱田神宮(3)大楠 »

2005年9月27日 (火)

熱田神宮(2)太郎庵椿

江戸中期の茶人、高田太郎庵が愛好したことから名付けられた樹齢300,年を越えるヤブツバキの一種で、正門から入ってすぐ左手の下知我麻神社の庭にあります。

b b b

« 熱田神宮(1)本宮 | トップページ | 熱田神宮(3)大楠 »

義経ゆかりの地を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

この椿の名前は初めて聞きました。
どんな花なのか? 見てみたいですね・・・

高田太郎庵と言う人も知らない無知な私です。(恥)

やっちゃんさん、おはようございます。
椿の花の時期でなくて残念です。
高田太郎庵については私も知りませんでした。名古屋生まれの茶人で、絵を狩野常信に学んだと書いてありました。

茶室の床の間に、ひっそりと生けてある椿を連想しました。
きっとお客様を招いた日には、この枝を切って床の間に飾ったのでしょうね
わび・さび・わさび?の世界ですね~(笑)

そうですね。
自分にとって、わび・さび・わさび(笑)の良さがわかるのはまだまだ先かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱田神宮(2)太郎庵椿:

« 熱田神宮(1)本宮 | トップページ | 熱田神宮(3)大楠 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ