« 赤間神宮(1) | トップページ | 赤間神宮(3) »

2005年10月14日 (金)

赤間神宮(2)

海に沈んだ安徳帝を祀る本殿は、竜宮を表しています。

「源平盛衰記」によると、後白河天皇から海に沈んだ三種の神器のひとつである宝剣を探すように命じられた義経は海人に潜らせて探させたが見つからず、次のように報告しました。海底には龍宮城があり、その奥に安徳帝を抱いた大蛇がいて宝剣をくわえていた。これは龍宮城の宝物だから渡すことはできないと。

赤間神宮が竜宮城の形をしているのは、こんなエピソードを含んでいるのかもしれません。3b 6c_5 5c_1  

|
|

« 赤間神宮(1) | トップページ | 赤間神宮(3) »

コメント

先日、行った赤間神社が又見れました。
本当に竜宮城の感じでしたね。
源平盛衰記の説明でよくわかりました。

投稿: ラメール | 2005年10月14日 (金) 04時11分

ラメールさんのお写真も楽しみにしていますよ!

投稿: しずか | 2005年10月14日 (金) 08時14分

赤間神宮の中の写真、よく撮れましたね。
私も何枚か写真を撮ったのですが、雨の日だったせいか、全部暗くてボツでした。

投稿: merry | 2005年10月14日 (金) 09時51分

本殿の中は暗いですね。本で見る写真は水庭が美しく写っていたのですが、思うようにはいきませんでした。

投稿: しずか | 2005年10月14日 (金) 14時13分

源平盛衰記の中の義経の回答はなかなかのものですね?
強かな後白河法皇がそれで納得したのでしょう?

投稿: やっちゃん | 2005年10月14日 (金) 20時19分

義経公は、なかなかウィットに富んだ人だ人物だったようです。一方、後白河天皇は「日本一の大天狗」といわれた人だし、二人ともやはり大物です!

投稿: しずか | 2005年10月14日 (金) 20時49分

竜宮城の話、粋ですね。
「源平盛衰記」にそんな話があったなんて
知らなかったです。

投稿: くま | 2005年10月14日 (金) 20時57分

くまさん、コメントありがとうございます。
竜宮城の話、夢がありますね。
関門海峡を眺めていたらそんな話も在り得るように感じてしまいました。

投稿: しずか | 2005年10月14日 (金) 21時51分

この話については、海に潜った海人が直接、後白河天皇に話したと書いてある本もありました。

投稿: しずか | 2005年10月14日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/6380396

この記事へのトラックバック一覧です: 赤間神宮(2):

« 赤間神宮(1) | トップページ | 赤間神宮(3) »