« 赤間神宮(5) | トップページ | 壇ノ浦合戦壁画(1) »

2005年10月18日 (火)

関門海峡

満潮時には瀬戸内海・周防灘の潮位が、干潮時には日本海・響灘の潮位が高くなるため、一日に4回潮流が逆転します。一日に約700隻もの舟が行き来し、汽笛の音が海に響きます。環境省の「残したい日本の音風景百選」に選ばれたのも頷けます。

b

« 赤間神宮(5) | トップページ | 壇ノ浦合戦壁画(1) »

義経ゆかりの地を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

見た見たとゆう写真が続々と出てきます。
旅の再現をしてもらっているようです。
それも私の知らない解説付きで。
1日に4回の潮流の変化があるのですか。

一日に4回も潮流が逆転するのですか?
「日本の音風景百選」・・・なんてのもあるのね?
一度聞いてみたいものです。
きっと心が洗われる様な感じなのでしょうね・・・

ラメールさんもきっとたくさん写真を撮られたことでしょう。同じところを写しても、天気によってかなり雰囲気が変わりますよね。

やっちゃんさん、こんにちは!
関門海峡の潮の流れの向きが源平合戦の勝敗を左右したといわれています。私も音風景百選、興味あります。

潮の流れを読んだ義経は、やっぱり戦の天才だと思います。

奇想天外な戦法をすると思えば、潮の流れを冷静に読む・・・両極端なところが魅力です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関門海峡:

« 赤間神宮(5) | トップページ | 壇ノ浦合戦壁画(1) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ