« 須磨寺駅 | トップページ | 須磨寺(1)仁王門 »

2005年10月31日 (月)

平重衡捕われの松

生田から逃げてきた平重衡は、源範頼の配下に捕らえられました。重衡は、松の根に腰をおろして次の歌を詠みました。

ささほろや波ここもとを打ちすぎて須磨でのむこそ濁酒なれ

現在は、松はなく、須磨寺駅付近に碑と祠があります。b b b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

« 須磨寺駅 | トップページ | 須磨寺(1)仁王門 »

平重衡」カテゴリの記事

コメント

800年以上もここに石碑があって「重衡」が語り伝えられてきたのですね。
写す時、喫茶店の看板が邪魔でしたね。どうしても画面に入るのです。

ラメールさん、おはようございます。
確かに、喫茶店の看板は邪魔ですね。この写真を撮っている時、土地の人に話しかけられました。
捕われの松の看板の説明の最後に、「鎌倉に送られ処刑されました」という記述が間違っているので、観光協会の方へ訂正するように言ったそうです。

重衡最後の時の輔子の叫び声がよみがえって来ます。
あの日の放映はかわいそうでしたね。

あの場面が、夫婦役の初対面とは思えぬような迫真の演技でした。重衡が髪の毛を引きちぎったのは、史実に沿ってましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平重衡捕われの松:

« 須磨寺駅 | トップページ | 須磨寺(1)仁王門 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ