« 須磨寺(10)本堂 | トップページ | 須磨寺(12)敦盛卿首洗池 »

2005年11月12日 (土)

須磨寺(11)義経腰掛の松

義経が腰をかけて、敦盛の首実検をしたと伝えられる。その光景を見て誰もが涙を流したという。直実は無情を感じ、こののち仏門に入った。2b b

|
|

« 須磨寺(10)本堂 | トップページ | 須磨寺(12)敦盛卿首洗池 »

コメント

800年以上も言い伝えられてきたのがすごいことですね。勝者・義経そして敗者・敦盛。
その義経も最後は、敗者になるとは、このとき想像もしなかったでしょう。

投稿: ラメール | 2005年11月12日 (土) 02時46分

ラメールさん、深夜の訪問ありがとうございます。この時代、「討っては討たれる」ということが繰り返されてきたのですね。

投稿: しずか | 2005年11月12日 (土) 08時48分

ここは、「松」とはいうものの、松らしい姿ではないので、どの角度から写真を撮ったらいいのか、うろうろしました。
今見れば、しずかさんと私は同じ角度から撮ってますね。
うん、これが一番ベストの角度です!!

投稿: merry | 2005年11月12日 (土) 19時21分

merryさんもですか?
私はこの周りを一周しながら、角度を選んで写しました。その時ちょうど池の前で、骨董市をやっていて撮りにくかったです。

投稿: しずか | 2005年11月12日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/7039098

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨寺(11)義経腰掛の松:

« 須磨寺(10)本堂 | トップページ | 須磨寺(12)敦盛卿首洗池 »