« 須磨寺(12)敦盛卿首洗池 | トップページ | 須磨寺(14)からくり時計 »

2005年11月14日 (月)

須磨寺(13)敦盛卿首塚

直実に切り取られた敦盛の首が納められてるという。

「人手にかけ参らせんより、同じくは直実が手にかけ参らせて、後の御供養をこそ仕候はめ」と直実が告げると、敦盛は「ただとくとく頸をとれ」と言った。

b b b

« 須磨寺(12)敦盛卿首洗池 | トップページ | 須磨寺(14)からくり時計 »

平敦盛」カテゴリの記事

コメント

この時代は、首塚と胴塚の二つある事が多いですね。
それも、明治維新の頃まで続くのだから、本当に日本は野蛮な国だったのですね~
いい時代に生まれて良かった。

私もそう思います。
首と胴がバラバラでは浮かばれませんよね。
平安時代には憧れもありますが、こういうことが普通に行われた時代でもあったのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須磨寺(13)敦盛卿首塚:

« 須磨寺(12)敦盛卿首洗池 | トップページ | 須磨寺(14)からくり時計 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ