« 須磨寺(14)からくり時計 | トップページ | 須磨寺(16)青葉の笛 »

2005年11月16日 (水)

須磨寺(15)弁慶の鐘

一の谷の合戦で、弁慶が安養寺から長刀の先にかけて担いできたといわれている。鐘楼の鐘は、一の谷合戦800年記念に作られたレプリカで、実物は宝物館にある。

宝物館にある鐘  鐘楼

   b b

« 須磨寺(14)からくり時計 | トップページ | 須磨寺(16)青葉の笛 »

弁慶」カテゴリの記事

コメント

弁慶の逸話は、力のあることを示すものが多いですね。京都の鉄のぞうりなんかちょっと誇張しすぎるくらいですね。

さすが弁慶!!
こんな大きな釣鐘が槍の先にぶら下げて担いだ~?
豪快ですね!!
「五十肩」の私はちょっとした買い物袋も重く感じますが・・・

ラメールさん、やっちゃんさん、訪問ありがとうございます。
弁慶のエピソードは、「ありえない」話ばかりですが、豪快な人であったのは事実だと思います。

この宝物館は暗くて、写真が撮りづらかったでしょう。
フラッシュをたいたり、消したりいろいろ試みてみました。
でも、写真撮影禁止じゃなかったので、これは嬉しいですね。

宝物館が写真撮影OKということをmerryさんに聞いておいて良かったです。堂々と撮りました!

北陸は小雨で寒いです(7度)。
明日、天気になることを期待しています。

ラメールさん、北陸からの訪問ありがとうございます。7℃とは寒いですよね。でも、めげずにがんばってくださいね。浜松から暖かい空気をそちらに送ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須磨寺(15)弁慶の鐘:

« 須磨寺(14)からくり時計 | トップページ | 須磨寺(16)青葉の笛 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ