« 須磨寺(23)お地蔵さん | トップページ | 須磨浦公園(2)敦盛塚・平家一門の供養塔 »

2005年11月30日 (水)

須磨浦公園(1)戦の濱碑

一の谷から海岸沿いに続く松林の中に、須磨浦公園があり、公園の東に、一の谷の激戦を物語る石碑が建っている。山からの逆落としも含め、三方から源氏に攻められた平家は大敗を喫した。b

|
|

« 須磨寺(23)お地蔵さん | トップページ | 須磨浦公園(2)敦盛塚・平家一門の供養塔 »

コメント

800数十年も前のことが石碑を建てることでこれからの1000年後でも語られているのですね。
今でも馬のいななきが聞こえ平家の亡霊が出るらしいです。

投稿: ラメール | 2005年11月30日 (水) 01時59分

ラメールさん、おはようございます。
この石碑を探して公園を歩いていた時、散歩している人に場所を尋ねたんです。その人に「ただの石碑があるだけですよ。写真を撮るほどのところでは・・・」と言われました。(笑)

投稿: しずか | 2005年11月30日 (水) 08時32分

そうなんですよ。
ほとんど地元の人は関心がないんですよ。
そういう人に何人か出会うと、自分がすごく変わり者のように思えてきます(笑)
でも、このブログにくると同じ仲間が集まれるのでホッとします。

投稿: merry | 2005年11月30日 (水) 10時01分

歴史を訪ねるとはそんなもんですよね。
関心のない人に石が1つ置いてあることはほとんど意味がないのです。
歴史が好きな人はあの石に意味があり、石碑を見ることで遠い昔の出来事にタイムスリップしてロマンを感じます。

投稿: ラメール | 2005年11月30日 (水) 10時32分

merryさん、ラメールさんに同感です。
関心のない人にはただの石なんですよね。
義経が腰掛けた石や松が何百年たった今でも史跡として残ることに意義があると思うのですが。

投稿: しずか | 2005年11月30日 (水) 18時40分

こんにちは!
須磨浦には良く釣りに行きましたので、とても懐かしいです。当時は芦屋の岩園町に住んでいて今は埼玉県ですけどね。当時は山を削って埋め立てをしてました。「須磨浦」という名称はステキですね。石碑も歴史を伝えるに十分ですけど,地名もその地の”文化”遺産として大切ですので、決して変えて欲しくないです。そして自然の地形、歴史に基づくものが多く,興味深いですね。

投稿: シゲ(‘ー‘)/~~ | 2005年12月10日 (土) 12時03分

シゲさん、訪問ありがとうございます。
神戸には何回か行ったことがありますが、須磨浦は初めてでした。素敵なところですね。
今は埼玉にお住まいのこと、またいろいろ教えてください!

投稿: しずか | 2005年12月10日 (土) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/7378890

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨浦公園(1)戦の濱碑:

« 須磨寺(23)お地蔵さん | トップページ | 須磨浦公園(2)敦盛塚・平家一門の供養塔 »