« 須磨浦公園(2)敦盛塚・平家一門の供養塔 | トップページ | 屋島(2)血の池 »

2005年12月 2日 (金)

屋島(1)義経号

屋島の観光は、源平合戦周遊バス「義経号」で廻りました。JR高松駅バスターミナル前のサンポート高松を10:30に出発し、高松平家物語歴史館、屋島山上、源平屋島合戦史跡めぐりをし、15:00に解散のコースです。今回のようにあわただしい旅には大変便利でした。1b

« 須磨浦公園(2)敦盛塚・平家一門の供養塔 | トップページ | 屋島(2)血の池 »

義経ゆかりの地を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

わーっ!!
恰好の良いバスですね!
静御前さまとしてはるんるんのツァーだった事でしょうね・・・
ところでこのバスは来年はどうなるのかしら??

やっちゃんさん、早朝のコメントありがとうございます。
今年は義経ブームということで、「義経号」が運行されたのでしょうが、来年はどうでしょうね?

義経のように一の谷から屋島へジャンプしましたね。屋島の合戦の記憶が薄れてきたときなので毎日更新期待しています。
これ、プレッシャーになりますか。それでは、しずかさんのペースでどうぞ。

ラメールさん、コメントありがとうございます。
プレッシャーではないですよ。むしろ励まし
になります。必ず毎日というわけにはいきませんが、ネタがある限り更新がんばします。(笑)

やっと屋島が登場しましたね(笑)
「義経号」は11月27日が最終日だったので
今頃は普通の「○川バスKK 貸切観光バス」に戻ってることでしょう??
(薄いビニール製のものを剥がすだけです)
これに気をよくしたのか?今度は別のバスで「ANA」の宣伝を車体に貼るそうですよ。 

ラッピング車とは、やっぱりラップのようなものが貼ってあったのですか。
江ノ電のラッピングカーも、山陽電鉄のラッピングカーも、そして屋島の義経号も、もうお役目を終わるのですね。

ガイドさん、merryさん、コメントありがとうございます。
バスにたったラップのようなものを貼るだけで変身するとはビックリです。今年は各地でいろいろなデザインのラッピングバスや電車に乗ることができて楽しかったです。

はじめまして。
大川バスの義経号ですが、運行終了後もしばらくはあの姿のまま一般の貸切バスとして走ると聞いています。
また、ANAのラッピングバスは「誘遊四国」キャンペーンの専用バスとして走るモノです。

ちなみに義経号の1/80精密模型がまもなく完成します。(^^)

sanukiさん、訪問ありがとうございます。
義経号にはお世話になりました。
今年乗ったラッピングバスや電車の中で、「義経号」はとても格好いいデザインだと思いました。
義経号の模型が完成するのですか。私が行った時は大川バスの模型のみでした。「義経号」のお客さんには義経号の模型の方が喜ばれるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋島(1)義経号:

« 須磨浦公園(2)敦盛塚・平家一門の供養塔 | トップページ | 屋島(2)血の池 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ