« 屋島(3)屋島寺  | トップページ | 屋島(5)獅子の霊厳展望台 »

2005年12月 5日 (月)

屋島(4)屋島寺・蓑山大明神

佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸とともに日本三名狸と称される太三郎狸をまつる。その昔、弘法大師が屋島で道に迷い、蓑笠を着た老人に化けた太三郎狸に山上まで案内されたという。

1b

 

|
|

« 屋島(3)屋島寺  | トップページ | 屋島(5)獅子の霊厳展望台 »

コメント

この狸、日本三名狸なんですか。他の一匹が淡路の芝右衛門狸ですか。以前に淡路島の洲本城に行ったときにそんな狸いましたよ。
芝居好きの狸だったらしいですね。
さすが「珍品探し探検隊 しずか隊長」だけのことはありますね。

投稿: ラメール | 2005年12月 5日 (月) 01時52分

あははは・・・・・面白~い!!
「三名狸」の一つを知っているラメールさんも凄いけど こういう珍品お宝探検隊(敢えてお宝と言います)の隊長さんに敬礼!!

投稿: やっちゃん | 2005年12月 5日 (月) 07時31分

ラメールさん、やっちゃんさん、おはようございます。
ラメールさんのおっしゃる狸は、淡路狸の大将で、大阪の道頓堀の芝居が好きで、日ごと道頓堀へ通ったそうですね。
今後も隊長を続けていきます!(笑)

投稿: しずか | 2005年12月 5日 (月) 08時30分

ありましたね・・これ。
でも、後ろが朱色の鳥居なので、お稲荷さんの狐かと思ってました。
そーなんですか。

投稿: merry | 2005年12月 5日 (月) 11時15分

merryさん、こんにちは。
宮崎アニメの「ぽんぽこ狸」は、この太三郎がモデルだと聞いたことがあります。

投稿: しずか | 2005年12月 5日 (月) 12時06分

「平成ぽんぽこりん物語」というアニメ映画では住宅開発業者と
狸たちが戦争をして多摩の若い狸が「屋島の長老(太三郎さん)」
を呼びに来るんですよね。
でも最終的には狸が負けて済んでる所は住宅になってしまう
アニメとしては結構「社会派的」なストーリーだったと記憶しています。

でもしずかさんのような人には私達は必要ないですね(苦笑)
脱帽♪

投稿: 屋島のガイド | 2005年12月 5日 (月) 21時43分

済んでる所は住宅になってしまう

住んでる所は住宅になってしまう

おっちょこちょいで困ります。

投稿: 屋島のガイド | 2005年12月 5日 (月) 21時46分

ガイドさん、こんばんは。
私は結構、宮崎アニメを見ているんだけど、この狸の映画は見たこと無いんです。ストーリー教えてくれてありがとう!今度見てみます。
しばらく屋島が続くので、またフォローよろしくお願いします。

投稿: しずか | 2005年12月 5日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/7470844

この記事へのトラックバック一覧です: 屋島(4)屋島寺・蓑山大明神:

« 屋島(3)屋島寺  | トップページ | 屋島(5)獅子の霊厳展望台 »