« 屋島(5)獅子の霊厳展望台 | トップページ | 屋島(7) 祈り岩 »

2005年12月 8日 (木)

屋島(6)談古嶺

談古嶺からは、源平古戦場「檀の浦」、那須の与一の扇の的、義経の弓流し、平家軍の泊地の船隠しなどの史跡を一望できます。

2b 1b

|
|

« 屋島(5)獅子の霊厳展望台 | トップページ | 屋島(7) 祈り岩 »

コメント

ここから見ると、合戦の場所などがよく分かりますね。思ったより狭い場所で天下分け目の合戦が行われたのだなぁが見たときの感想でした。

投稿: ラメール | 2005年12月 8日 (木) 01時30分

本当に天下分け目の戦いの場所が一望出来るよいポイントですね。
特に2枚目の写真が良いです。
私もここに立ってみたいな~・・・と言う気持ちにさせられました。

投稿: やっちゃん | 2005年12月 8日 (木) 07時56分

ごめんなさい。
記事毎にしゃしゃり出てケチをつけてるようで自己嫌悪に陥っています。
でも、地元として主張すべきはすべしとお聞き流し下さい。m(_"_)m
現在の談古嶺は雑木が伸び(右の写真の右の端)対岸(牟礼町側)の
源平史跡はほとんど見えません。
今、一望できるのは「ホテル甚五郎(現在廃業)」前の広場です。
舟隠しや平家の米秤り(庵治町側)を除けば駒立岩(北の端)~総門跡)
南北1.5kmは写真より右に位置します(スミマセン)
そして重ね々残念なのは「義経号」が洲崎寺から半分でなく
総門跡、射落畑等も歩いて欲しかったです。

意地悪爺さんのようなコメントで済みません。

投稿: 屋島のガイド | 2005年12月 8日 (木) 11時15分

ガイドさん、説明ありがとうございました。
あの場所に立ってガイドさんの説明を聞いている時は、史跡がどこら辺りにあるのかわかりましたが、慌てて撮った写真を家で見てみると、どこがどこなのかわかりません。(笑)もっと前に乗り出て撮れば写ったのかな?

投稿: しずか | 2005年12月 8日 (木) 14時17分

私はドライブウェイの展望台しか見渡せないと思っていたのでわざわざタクシーに乗りました。
青春きっぷで屋島に行ったので、一日の交通費2300円に対し、タクシー代の1700円は出費でした(笑)
前もって屋島のガイドさんに聞いておけばよかったのにね・・

投稿: merry | 2005年12月 8日 (木) 20時26分

merryさん、こんばんは。
タクシーを使うとやはり高くつきますよね。
タクシーは高いし、私はペーパーなので、今年廻った史跡は全部バスと自分の足で廻りました。

投稿: しずか | 2005年12月 8日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/7507918

この記事へのトラックバック一覧です: 屋島(6)談古嶺:

« 屋島(5)獅子の霊厳展望台 | トップページ | 屋島(7) 祈り岩 »