« 若一神社(2)清盛像 | トップページ | 若一神社(4)大楠 »

2006年1月14日 (土)

若一神社(3)祇王の歌碑

境内には祇王の歌碑もあります。(西八条邸の襖に書き残した歌が書かれています)

萌え出づる枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき

西八条邸を追い出された祇王に清盛からの使者が来ました。「仏御前が退屈しているから舞を舞え」と。祇王はいやいやながらも舞を舞いましたが、都にいてこれ以上辛い思いをしたくないと祇王寺に移り住んだのでした。6_b

|
|

« 若一神社(2)清盛像 | トップページ | 若一神社(4)大楠 »

コメント

先にしずかさんが歌を書いてくださっているにも拘らず上手く読めません。
何度も見比べてやっと・・・読めました。

投稿: やっちゃん | 2006年1月14日 (土) 07時50分

やっちゃんさん、おはようございます。
ご指摘の通り、読みにくいですね。
今、もう一度祇王の歌を↑に書きました。
私がこの写真を写した時は、辺りが暗すぎて何が書かれているのかわからず、とりあえず写真を撮ってきました。帰ってきてようやくわかった次第です。

投稿: しずか | 2006年1月14日 (土) 08時30分

今の時代から見ると、さほど遠くはないのですが、当時は西八条邸から祇王寺というとずいぶん遠かったのでしょうね。
今は観光客で賑わっているけど、当時は人里離れた寂しい所だったのでしょう。

投稿: merry | 2006年1月14日 (土) 14時01分

merryさん、こんばんは。
そうですね。私たちはバスや電車でひとっ飛びですが、西大路~嵯峨までは歩いたらかなりかかるでしょう。嵯峨の中でも儀王寺の辺りは今でも寂しい雰囲気ですね。

投稿: しずか | 2006年1月14日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/8146616

この記事へのトラックバック一覧です: 若一神社(3)祇王の歌碑:

« 若一神社(2)清盛像 | トップページ | 若一神社(4)大楠 »