« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

小督の遺品

清閑寺にあったといわれる小督の遺品・愛用の車琴、すずり箱、小督の髪の毛を織り込んで作った真言宗のお経である「光明真言」の掛け軸が、現在、下京区の平等寺に伝わっています。また、車琴は嵯峨野の寂光寺にもあるそうです。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2006年1月30日 (月)

小督と高倉天皇

小督に去られたこと、わずか3歳の安徳天皇(建礼門院との間に生まれた)に無理やり譲位させられたことなどの心痛から、高倉天皇は21歳の若さで崩御した。その後、小督は高倉天皇が眠る東山の天皇陵近くの庵で、天皇の墓守に殉じ、44歳で亡くなった。

東山の音羽山麓に高倉天皇陵があり、その近くの清閑寺に小督の供養塔があります。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年1月29日 (日)

琴きき橋

小督がいなくなったことに、高倉天皇は再び消沈しています。そこで、天皇は側近の源仲国に小督を探し出すように命じた。ある日、仲国は嵐山の亀山で聞き覚えのある琴の音に耳を傾けた。(小督は宮中一の琴の名手、仲国は笛の名手であり以前、合奏したことがあったのだ。)それは、小督の爪弾く「想夫恋」であった。仲国は無理やり小督を帝のもとに連れ戻します。その後、二人の間には娘が生まれるが、それを知った清盛は小督を出家させ、追放してしまった。

琴の音を聞いた小橋は、仲国駒止めの橋といわれ、明治時代になって琴きき橋が建てられました。琴きき橋の遺跡は、車折神社嵐山頓宮前にあります。1b 2_b 3b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年1月28日 (土)

小督(塚(2)

小督には、冷泉大納言隆房という恋人がいましたが、天皇が相手では逆らうことが出来ませんでした。高倉天皇は、小督を寵愛し、彼女にのめり込んでいきました。しかし、このことは建礼門院と高倉天皇との子を望む清盛の怒りを買うことになります。しかも隆房は清盛の五女の婿でありました。小督は帝に迷惑がかかることを恐れ、嵯峨野に隠棲します。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2006年1月27日 (金)

小督塚(1)

嵐山の渡月橋から亀山方面に少し歩いたところに小督塚があります。清盛の娘・建礼門院徳子は高倉天皇のもとへ入内しますが、高倉天皇は、中宮の世話をする女房のもとで働く葵前という女性を愛してしまいます。しかし、たちまち二人のことが宮中の噂になり、清盛を恐れた高倉天皇は、葵を退けました。一方、葵はしばらくして病死していまいます。高倉天皇は、このことで、毎日落ち込んだ日々を送るようになり、これを心配した建礼門院は、天皇を慰めるために、小督という女性を自ら天皇に引き会わせます。2b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2006年1月26日 (木)

維盛生存説

那智で入水したとされる維盛にはいくつかの生存説がある。まず一つ目は、奈良県吉野郡野迫川村である。一の谷の合戦後、維盛は、熊野別当湛増に平家の援助を頼みに行くが断られてしまう。その代わり、維盛を娘と結婚させ、彼を匿ってくれた。その後、頼朝の平家追討の追っ手の中、熊野山中を彷徨い、野迫川平に辿り着いた。そこで61歳の生涯を終えた。

吉野郡野迫川村の「平維盛歴史館」には、里人が建てた維盛塚、平家物語をテーマにした人形が展示されている資料館があります。

平維盛歴史館HP http://www.vill.nosegawa.nara.jp/kankou/taira1.htm

他にも、富士郡芝川町にも伝説が残っている。維盛は入水せずに、富士川の合戦で生き延びた多くの家来が住む稲子にやって来て、隠れ住んだ。西ヶ谷戸には、彼の墓や位牌があるという。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年1月25日 (水)

滝口入道と平維盛(3)

維盛は、高野山にて出家、入道に導かれ熊野三山参詣の後、那智の沖にて入水することとなるが、妻子への想いが断ち切れない維盛は、なかなか入水に踏み切れない。しかし、入道の「還来穢国度人天」という言葉を聞いた途端、入水を決心し、入道の打ち鳴らす鐘の中、水の中へと消えて行った。「還来穢国度人天」とは、法事讃の一句で、極楽浄土に成仏した者は再びこの世に戻り、人天を済度することができるという。維盛は妻子と再び巡り会えることを信じて、命を絶ったのだろう。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年1月24日 (火)

滝口入道と平維盛(2)

かつて維盛は、光源氏とも称されたほどの美男子で、宮中の女性の憧れの的であった。そんな維盛の変わり果てた姿に入道は驚いた。維盛は都落ちの際、一門のほとんどが妻子を伴ったのに対し、都に妻子を残してきたのだった。それは、家族を辛い目に遭わせたくないという気持ちから泣く泣くそうしたのであったが、周りの人々からは中傷され続けた。維盛は、入道に屋島を出た経緯、家族を今でも忘れられないと告げた。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2006年1月23日 (月)

滝口入道と平維盛(1)

ある日、平清盛の孫で、平重盛の長男である平維盛が入道のもとを訪ねて来た。

維盛は、富士川の戦いで、水鳥の羽音に驚き、戦わずして頼朝軍に敗退。これには清盛の怒りを買い、武将としての評価を落とした。倶利伽羅峠でも、木曽義仲軍に敗退。三草の戦いでは義経に敗退。一の谷の戦いには参加できず、その後、病のため屋島に残っていた。頼朝と通じているなどと嫌疑をかけられ、平家の中での信用をなくす。そこへ、平家軍大敗、一門の多くが討たれたとの知らせを受け、ついに屋島から逃亡する。向かった先は父・重盛に仕えていた入道がいる高野山であった。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2006年1月22日 (日)

滝口寺(7)滝口入道と横笛

横笛の死については、他の説もあります。「源平盛衰記」では、17歳の横笛は嵯峨野の大堰川に身を投げます。そのことを知った入道は大堰川に駆けつけます。彼女の遺体を火葬し、彼女の骨を自ら首にかけて、寺を供養して歩き、高野山の奥の院に卒塔婆を立てて、弔ったといわれています。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年1月21日 (土)

滝口寺(6)滝口入道と横笛

阿浄はその鶯の亡骸を胎内に納めて、阿弥陀如来像を彫ります。この像は、鶯阿弥陀如来像として大円院の本尊となり、梅の木を鶯梅(おうばい)、井戸を鶯井(うぐいすい)と呼んで、大切にしているそうです。

滝口寺のお堂には、入道と横笛の木像が安置されています。この世では結ばれない二人でしたが、心は永遠に結ばれているのかもしれません。3_b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年1月20日 (金)

滝口寺(5)滝口入道と横笛

その後、入道は高野山・大円院の8代住職となり、阿浄と称しました。ある日、入道は、大円院の庭の梅の木に鶯がとまっているのに気がつきます。阿浄を見つめるようにさえずり、舞い上がった鶯は、急に弱々しくなり、井戸の中へと落ちていきました。阿浄は思わず「横笛」と叫び、井戸へ駆け寄ります。その鶯の姿が、入道には横笛に見えたのでした。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年1月19日 (木)

滝口寺(4)滝口入道と横笛

入道は、横笛にまた歌を送り、

高野山 名をだしに知らで 憂きをよそなる 我身なりせば(入道)

横笛はそれに答えます。

やよや君 死すれば登る高野山 恋も菩提の種とこそなれ(横笛)

病が重くなった横笛は、生涯入道のことを想いながら、わずか19歳でこの世を去りました。天野の里の人々は、彼女を弔うために、庵のそばに塚を作りました。(横笛のお墓は、和歌山県かつらぎ町天野にあります。)

境内には入道と横笛の歌問答旧跡があります。奥にあるのが、横笛が自分の血で歌を書いたという石です。5_b 6_b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2006年1月18日 (水)

滝口寺(3)滝口入道と横笛

ある日、横笛は入道が高野山にいることを知ります。想いを捨てきれない横笛は、女人禁制の高野山にに一番近い天野の里へ移ります。しばらくして、入道もまたある僧から天野の里の横笛の話を聞き、彼女に歌を送ります。

そるまでは 恨みしかど梓弓 真の道に入るぞうれしき

それに対して、横笛は

そるとても 何か恨まん梓弓 引き止むべき心ならねば

と返しました。入道を想う横笛は、次第に病に侵されていきます。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年1月17日 (火)

滝口寺(2)滝口入道と横笛

仏門に入った入道は、嵯峨の往生院(滝口」寺)で修行に励みました。横笛は、時頼のことを諦めきれず、入道に会うために、嵯峨野を訪ねます。ついに入道の居場所をつきとめますが、入道は自分の心が乱れないようにと、会うことを拒みました。嘆き悲しんだ横笛は、近くにあった石に指の血で歌を書き残しました。

山深み思い入りぬる芝の戸の まことの道に我れを導け

今度、横笛が訪ねて来たら心が動いてしまうかもしれないと思った入道は、嵯峨 から高野山へと移って行きます。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2006年1月16日 (月)

滝口寺(1)滝口入道と横笛

祇王寺からさらに石段を奥に進むと滝口寺につきあたります。滝口寺は、武士の身分から仏門に入った滝口入道と、建礼門院の仕女・横笛の悲恋の舞台として知られています。平重盛に仕えていた斉藤時頼は、建礼門院に仕える身分の低い横笛に恋していました。しかし、時頼の父は、時頼を身分の高い女性を結ばせたかったので、横笛とのことを反対していました。時頼は、父にそむくこともできず、横笛との実らぬ恋に絶望し、仏門に入り、滝口入道となります。1_b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2006年1月15日 (日)

若一神社(4)大楠

若一神社の前には清盛お手植えとされる大きな楠の木があります。源氏軍が西八条邸に火を放った時、この楠だけは残ったそうです。その後、この楠を伐採したり、移しかえようとすると、祟りがあるとされ、ここに若一神社を建て、楠の木を大切にしてきました。昭和9年、京都市電が敷かれた際、西大路通りにも走ることになり、その時、楠を移そうとしましたが、相次ぐ工事関係者の事故、不幸により、断念したと書かれています。(京都市電は、市の地下鉄の開業に向けて、昭和53年に廃止されました)ゆえに、西大路通りはこの楠の木があるために迂回しています。9_b

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年1月14日 (土)

若一神社(3)祇王の歌碑

境内には祇王の歌碑もあります。(西八条邸の襖に書き残した歌が書かれています)

萌え出づる枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき

西八条邸を追い出された祇王に清盛からの使者が来ました。「仏御前が退屈しているから舞を舞え」と。祇王はいやいやながらも舞を舞いましたが、都にいてこれ以上辛い思いをしたくないと祇王寺に移り住んだのでした。6_b

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年1月13日 (金)

若一神社(2)清盛像

境内にある清盛像は、右手に笏を持ち、垂纓の冠をかぶった束帯姿をしています。3_b 7_b

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2006年1月12日 (木)

若一神社(1)清盛ゆかりの御神水

若一神社は、清盛の西八条第の鎮守社です。境内には清盛の熱病を治したという境内に湧く清盛の御神水は持ち帰り自由となっています。1_b 5_b(市バス 西大路八条下車)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年1月10日 (火)

祇王寺(3) 祇王の歌

仏御前に追い出されることになった祇王は清盛邸の襖に涙ながらに歌を書き残しました。

萌え出づる枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき

(いずれは清盛に「飽きられる」とが掛けられています)

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

祇王寺(2)祇王と仏御前②

祇王寺の本堂には、祇王、祇女、母刀自、仏御前、清盛の像が安置され、境内には清盛供養塔、祇王らの墓があります。(北陸の仏御前の史跡についてはラメールさんのHPで紹介されています。)

7_b

4b 5b 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年1月 9日 (月)

祇王寺(1)祇王と仏御前①

仏御前にその座を奪われた祇王は、母と妹の祇女とともに出家し、嵯峨の庵に移り住みました。後に、祇王と同じような運命をたどることを恐れた仏御前もこの寺に出家し、4人で共に余生を送りました。 2_c_4 3c_6 1_b

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年1月 8日 (日)

西八条第跡

平清盛は、白拍子の祇王を愛妾として西八条第に住まわせていました。そこへ加賀の国の仏御前が現れ、清盛な前で舞を披露したいと申し出ました。清盛は門前払いをしましたが、祇王がとりなし、仏御前を呼び入れます。すると清盛はすっかり仏御前に心移りをし、祇王を追い出してしまいました。

西八条第は六町を有する広大な邸宅でしたが、平家が都落ちの際、火が放たれ、灰になってしまいました。今は京都駅から近い梅小路公園になっています。b

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年1月 7日 (土)

即成院(5)即成院の歴史

992年、源信が京都・伏見に建立した光明院が始まりです。その後、藤原頼道の子、橘俊綱が伏見の山荘に持仏堂として移し、阿弥陀如来と二十五菩薩像を安置し、即成院と称しました。後に明治時代初期に現在地に移りました。10月第三日曜に行われる二十五菩薩お練り供養が有名です。

お練り供養の様子は↓でご覧になれます。

http://www.e-kyoto.net/topics/25bosatsu/  

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年1月 6日 (金)

即成院(4)那須与一③

境内には「与一の手洗い所」なるものがありました。

手を洗う事は手を合わせる事 

手を洗うことであなたの願いが一千年の祈りによって成就する

門の前には、大河のポスター、本堂では「義経」関連の雑誌や新聞の切り抜きを見ることができるようになっていました。那須与一役に今井翼さんが抜擢されたのが大きな宣伝効果になったようです。6_b 2b 3b 5_b

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年1月 5日 (木)

即成院(3)那須与一②

屋島の合戦後の与一については諸説あります。

・頼朝の粛清を免れるため、1189年に没したという偽装をした。

・ハンセン病にかかり、顔が変形したため出家した。

・合戦の死者を弔う旅を30年余り続けた後、中風のため摂津国で没した。

与一の出没年は不詳になっていて、謎の多い人物です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年1月 4日 (水)

即成院(2)那須与一 ①

与一は屋島の合戦以前に、義経の命を受けて出陣の途中、栃木県大田原市から京都に向かう道中で病にかかり、京都伏見で療養し、即成院の本尊・阿弥陀如来の霊験にすがることにより、病を克服し、屋島の合戦に挑むことが出来ました。(即成院HPより抜粋)その後、平家軍が掲げる扇の的を射抜く屋島の合戦の功で、五ヶ国の荘園を与えられ、後年は剃髪して、京都・伏見の即成院に没しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年1月 3日 (火)

即成院(1)那須与一の墓

扇の的で有名な那須与一ゆかりの即成院へ行ってきました。こちらには、平安末期に造られたとされる与一の墓や、与一が信仰した阿弥陀如来と二十五菩薩像があります。明治時代、深草大亀谷の故地から現在の即成院に移された与一のお墓は約3mの石塔でかなり大きなお墓です。(写真撮影は禁止です)与一のお墓の横には、那須家先祖のお墓もありました。(写真右は先祖のお墓です)

即成院は京都の泉湧寺の手前にあります。1_b 7_b 11_b

与一の墓は、栃木県大田原市の玄性寺、神戸市須磨区那須神社、岡山県井原市、広島県河内市など日本各地に数箇所あります。

神戸のお墓についてはラメールさんのHP http://blog.goo.ne.jp/jnk024/c/57c8f2a037bca03ed43885cd8235c569で紹介されています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

新年のご挨拶

みなさん、明けましておめでとうございます。昨年は当ブログへ起こしいただいてありがとうございました。「義経ゆかりの地」を旅するつもりで始めたのですが、いつのまにか義経をとりまく人にも魅せられ、「源平史跡を旅する」ブログになりました。今年も私の足を延ばせる範囲で史跡を追って行きたいと思います。みなさんのコメントでサポートよろしくお願いいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »