« 建礼門院右京大夫(1) | トップページ | 建礼門院右京大夫(3) »

2006年2月13日 (月)

建礼門院右京大夫(2)

源平合戦の最中、平家の都落ちしが決まり、資盛は「道の光もかならず思いやれ」と言い残し、右京大夫と別れた。西海から平家の悲報が伝わるたびに右京大夫は心を痛めた。

 いずくにて、いかなることを思ひつつ こよひの月に袖しぼるらん

やがて資盛の訃報が右京大夫のもとに伝わる。

 かなしともまたあはれとも世のつねに いるべきことにあらばこそあらめ

|
|

« 建礼門院右京大夫(1) | トップページ | 建礼門院右京大夫(3) »

コメント

昔は、側室制度があったので右京大夫を側室にすればよかったのでは。
正妻が強かったので隠れて会っていたのですね。道ならぬ恋ほど燃えるので、後世に歌まで残ったのですね。

投稿: ラメール | 2006年2月13日 (月) 00時32分

「袖しぼるらん」という表現がいいですね。
泣いて、泣いて、泣き明かした右京大夫の姿が目に浮かびます。

投稿: merry | 2006年2月13日 (月) 09時21分

ラメールさん、merryさん、訪問ありがとうございます。
これもまた実らぬ恋ですね。
どんな形にせよ、想いがあるのに相手と別れるのは辛かったでしょう。

投稿: しずか | 2006年2月13日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/8632129

この記事へのトラックバック一覧です: 建礼門院右京大夫(2):

« 建礼門院右京大夫(1) | トップページ | 建礼門院右京大夫(3) »