« 大原御幸(1) | トップページ | 建礼門院としば漬け »

2006年2月 8日 (水)

大原御幸(2)

寂光院本堂前に汀の池という庭池があるが、これは後白河天皇が大原を訪ねた折に詠んだ歌にちなんでいる。

池水にみぎわのさくら散りしきて なみの花こそさかりなりけれ

法皇が大原を訪れたのは、4月20日過ぎであったが、気温の低い大原では、桜の花びらが散って池に舞う様を目にすることができたのだろう。

|
|

« 大原御幸(1) | トップページ | 建礼門院としば漬け »

コメント

昔の人は風流で良いですね。
四季折々の風情を歌に詠む・・・現代では中々そのようなことは出来ないもの。

投稿: やっちゃん | 2006年2月 8日 (水) 06時08分

あの池は「汀の池」というのですか。初めて知りました。
しずかさんのお陰で、一つずつ知識が増えていきます。
(でも、一つ覚える間に二つ忘れますが(笑))

投稿: merry | 2006年2月 8日 (水) 09時26分

やっちゃんさん、merryさん、訪問ありがとうございます。
後白河天皇は歌を詠むのが得意だったようですね。
以前、寂光院へ行った時は、ただ漠然と見ていただけでした。知識を持っていけば違う見方ができるでしょうね。

投稿: しずか | 2006年2月 8日 (水) 21時27分


こんにちは
雪の寂光院へ訪れましたので
TBさせていただきます。
雪の積もる汀の池は
また違った風情をみせていましたよ。

投稿: 松風 | 2006年2月11日 (土) 17時54分

松風さん、訪問ありがとうございます。
昔、寂光院に行った時はまだデジカメを持っていなかったので、今回、写真を記事と一緒にUP出来ませんでした。
松風さんのHPの写真を見せていただきますね。

投稿: しずか | 2006年2月11日 (土) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/8548543

この記事へのトラックバック一覧です: 大原御幸(2):

« 大原御幸(1) | トップページ | 建礼門院としば漬け »