« 三嶋大社(1)頼朝・政子の腰掛石 | トップページ | 三嶋大社(3)大楠と金木犀 »

2006年3月21日 (火)

三嶋大社(2)神池(しんち)

心池は、「心」の形をしている池です。
ここで頼朝が、放生会(ほうじょうえ)-魚や鳥を放し生命を慈しみ殺生を戒める神事
を行ったとされる。b b

|
|

« 三嶋大社(1)頼朝・政子の腰掛石 | トップページ | 三嶋大社(3)大楠と金木犀 »

コメント

何歳くらいの時にやったのかな?
<放生会(ほうじょうえ)-魚や鳥を放し生命を慈しみ殺生を戒める神事を行った>・・・

人の命は又別物?? 義経は実の弟だったのに・・・

投稿: やっちゃん | 2006年3月21日 (火) 17時25分

1184年頃のことのようですから、頼朝37歳くらいですね。
やっちゃんさんの仰る通り、人の命は別物のようです。「邪魔になるものはすべて排除」が信条なのでしょうか。

投稿: しずか | 2006年3月21日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/9186786

この記事へのトラックバック一覧です: 三嶋大社(2)神池(しんち):

« 三嶋大社(1)頼朝・政子の腰掛石 | トップページ | 三嶋大社(3)大楠と金木犀 »