« 三嶋大社(2)神池(しんち) | トップページ | 三嶋大社(4) たたり石 »

2006年3月22日 (水)

三嶋大社(3)大楠と金木犀

頼朝が放生会を行った心池の脇に大楠が、本殿手前には金木犀があり、どちらも樹齢 1000年を越す老木である。金木犀は、天然記念物に指定されている。1b b b

|
|

« 三嶋大社(2)神池(しんち) | トップページ | 三嶋大社(4) たたり石 »

コメント

どちらも凄~い!! 大木ですね~!
クスノキはまるで大男が両手を広げて立ちはだかっている様に見えます。

投稿: やっちゃん | 2006年3月22日 (水) 06時00分

やっちゃんさん、コメントありがとうございます。
これらの大木を当時、頼朝や政子も見ていたのだと思うと、歴史を感じます。

投稿: しずか | 2006年3月22日 (水) 08時37分

昨日(21日)私も三島大社に行ってました。
丁度桜が咲いていて、ぼんぼりがあって、陶器市などが開かれていて賑わってましたよ。

投稿: merry | 2006年3月22日 (水) 21時32分

そうなんですか?
また写真をUPしてくださいね。

投稿: しずか | 2006年3月23日 (木) 00時10分

樹齢1000年とはすごい年齢ですね。
それにしては、人間の命は100年は短いですね。1000年もの時の流れを見続けてきたこの老木に感想を聞いてみたいです。

投稿: ラメール | 2006年3月23日 (木) 00時27分

ラメールさん、訪問ありがとうございます。
この老木に頼朝&政子の様子を聞いてみたいものです。

投稿: しずか | 2006年3月23日 (木) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/9196158

この記事へのトラックバック一覧です: 三嶋大社(3)大楠と金木犀:

« 三嶋大社(2)神池(しんち) | トップページ | 三嶋大社(4) たたり石 »