« 三嶋大社(4) たたり石 | トップページ | 三嶋大社(6) 厳島神社 »

2006年3月28日 (火)

三嶋大社(5)安達藤九朗盛長警護の跡

頼朝が源氏再興を願って、三嶋大社を日参した時、安達盛長がこの場所で警護していたといわれている。 b

« 三嶋大社(4) たたり石 | トップページ | 三嶋大社(6) 厳島神社 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

元頼朝の家来だったのに、義経の徳にうたれて義経の家来になったという「藤九郎盛長」はこの人の事なんですね。
私のHPの「義経北行岩手2」に藤九郎を祀った祠の写真を載せています。

後からmerryさんのHPを再度見させていただきますね。

背景が茶色で文字が青色は読みにくいです。
私のPC環境では、ほとんど読めません。

安達藤九朗盛長の名前ははじめて聞きました。
このブログも相当マニアックなところまで
きましたね。

しずかさんの探求心に敬意!!!

「安達藤九朗盛長」・・・と言う名前を聞いてすぐにピンと来る(^め^)さん。 流石です!!
HPを見てやっと解りました。

ラメールさん、やっちゃんさん、訪問ありがとうございます。
ご指摘の通り、この青は見にくいので後から色を変えます。
大河では、この盛長は、流人時代から頼朝にいつもくっついていた人で、草見潤平さんが演じられていました。私は頼朝と盛長が一緒に釣りをしている場面が好きです。

盛長が大河に登場していたのですか。
私は、まだまだしずかさんやmerryさんの足元にもおよびません。もう少し勉強しないと仲間はずれにされそう。

ラメールさんそんなことありませんよ。
私もラメールさんやmerryさんのHPから勉強させていただいていますので。
仲間はずれはあり得ません。(笑)
盛長は大河では頼朝の登場シーンには結構頻繁に出ていましたよ。義経が義高の助命を願い出ようと、頼朝への面会を盛長に請う場面もありました。

私は、安達籐九郎盛長好きという奇跡の人物です(笑)

ぷ~さん、コメントありがとうございます。
私は安達盛長さんについては詳しくないので、上の記事について何か付け足しがありましたら教えてくださいね。

安達盛長が義経の家来になったというのは初耳です。
どこにそんな情報があるのでしょうか。

ひろっぺさん、訪問ありがとうございます。

当時、この記事にコメントを書いてくれた
merryさんは、今はそのHPを閉鎖して
しまいましたので、この記事を
お読みになってみてください。

http://members.jcom.home.ne.jp/sada165/annex7.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三嶋大社(5)安達藤九朗盛長警護の跡:

« 三嶋大社(4) たたり石 | トップページ | 三嶋大社(6) 厳島神社 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ