« 常盤伝説(4) | トップページ | 願王寺 »

2006年3月 3日 (金)

牛若丸首途の井

京都の花園に木辻という町があります。この辺りは金売り吉次の屋敷跡と伝えられていて、「牛若丸首途の井」の碑が建てられています。「吉次」という名は「木辻」が訛ったのではないかという説もあります。
この石碑の横には「牛若丸の宿」という旅館があります。1b 1b

|
|

« 常盤伝説(4) | トップページ | 願王寺 »

コメント

「牛若丸の宿」の張り紙を見ると、朝食付き一泊3150円とかいてますね。安いですね~。
数奇屋造りで京風庭園があって・・いいな~

投稿: merry | 2006年3月 3日 (金) 10時12分

お風呂・トイレは共同みたいですが、たしかに安いですね。
私は、○天の宝くじのポイントを使って、一泊3000円(大人2人)で京都駅近くのホテルを予約しました。

投稿: しずか | 2006年3月 3日 (金) 14時33分

しずかさん、ご無沙汰です。
牛若丸首途の井は知りませんでしたわ。

京都にも安い旅館があるんですね。
京都に住んでいながら知りませんでした・

投稿: くま | 2006年3月 3日 (金) 22時03分

くまさん、こんばんは。
この石碑は商店街をうろうろしながら探しました。
いつもホテルに宿泊していますが、たまにはこういう家庭的な旅館もいいですね。

投稿: しずか | 2006年3月 3日 (金) 22時32分

「牛若丸首途の井」とは、何の史跡ですか。
そこに旅館が建っているのとどうつながるのかなぁ。
京都で朝食付1泊3150円は安すぎる。それも、義経と関係のあるところですね。

投稿: ラメール | 2006年3月 3日 (金) 23時50分

ラメールさん、これからUPする願王寺というのがこの近くにあり、そこで旅の祈願をしたそうです。この辺りは「牛若丸ゆかりの地」として商店街に牛若丸の旗が飾られていました。この旅館は石碑の横にあるので、「牛若丸の宿」としたのではないかと思います。

投稿: しずか | 2006年3月 4日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/8916013

この記事へのトラックバック一覧です: 牛若丸首途の井:

« 常盤伝説(4) | トップページ | 願王寺 »