« 八幡神社(3) 白幡社 | トップページ | 伊豆韮山(2)北条政子産湯の井戸 »

2006年4月23日 (日)

伊豆韮山(1) 蛭ヶ島の夫婦の像

三島駅から伊豆箱根鉄道で韮山に下車。韮山駅の東側には蛭ヶ小島、西側には狩野川。蛭ヶ小島は、かつては狩野川の中州であったと考えられ、蛭が多かったことから「蛭ヶ小島」と名付けられたという。蛭ヶ小島は、頼朝が14歳の時に配流され、14歳から34歳まで過ごした地。その蛭ヶ小島の公園の一角に頼朝と政子の夫婦の像がある。周囲は田園に囲まれ、夫婦の像は富士山をあおいでいる。

2b_45b 1b_5

|
|

« 八幡神社(3) 白幡社 | トップページ | 伊豆韮山(2)北条政子産湯の井戸 »

コメント

ここに夫婦の銅像があると言うことは、ここで生活していたのですか。
田んぼの中にポツンと立っているようですね。
一豊と千代以来、夫婦の像をよく見かけます。

投稿: ラメール | 2006年4月23日 (日) 01時43分

後ろ姿の写真・・・頼朝に寄り添う政子の愛らしさが感じられます。
TVでは政子の気の強さばかりが目立ったように思えたので・・・

投稿: やっちゃん | 2006年4月23日 (日) 09時00分

ラメールさん、二人が結婚したのは1177年、頼朝が30歳、政子が21歳の時なので、ここで暮らしていたことになりますね。

やっちゃんさん、この政子は財前さんよりも少し可愛らしい感じでした。(笑)
政子はやはり気の強い女のイメージが強いですね。

投稿: しずか | 2006年4月23日 (日) 11時59分

この二人が見ている先には富士山があるのですか。
知りませんでした。

投稿: merry | 2006年4月23日 (日) 14時41分

肉眼では、富士山を確認できたのですが、写真でははっきりわかりませんね。

投稿: しずか | 2006年4月23日 (日) 15時01分

(^し^)こんばんは~

 ついにおたいも皆の衆と同じく一豊の
 字が書けますわ(^^)25番津照寺での
 事件?明日ね・・・

 

投稿: ヒロシ | 2006年4月24日 (月) 20時13分

(~ひ~)さん、訪問ありがとう。
一豊の記事?楽しみにしてますよ!

投稿: しずか | 2006年4月24日 (月) 23時58分

拝見しました。ありがとうございます。
この夫婦像は知りませんでした。最近できたものでしょうか?
私が訪ねた時はこのような公園ではなかったような気がします。

投稿: PIROSHI | 2006年8月 3日 (木) 23時02分

PIROSHIさん、さっそく見てくださってありがとうございました。

この像ができたのは、平成16年3月18日だそうです。まさに新しいものですね。
ここに着いた時、夕方になってしまいましたが、夕陽がきれいでした。

投稿: しずか | 2006年8月 4日 (金) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/9716546

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆韮山(1) 蛭ヶ島の夫婦の像:

« 八幡神社(3) 白幡社 | トップページ | 伊豆韮山(2)北条政子産湯の井戸 »