« 三嶋大社(8) 政子の梅蒔絵手箱 | トップページ | 三嶋大社(10) 頼家の般若心経② »

2006年4月 5日 (水)

三嶋大社(9) 頼家の般若心経①

現存する頼家唯一の自筆書。
頼家は、頼朝の死後、三年目に鎌倉幕府二代将軍となったが、実権は北条家に握られ、苦悩の中、発病していまう。平癒を願い、この般若心経を三嶋大社に奉納した。B_2

|
|

« 三嶋大社(8) 政子の梅蒔絵手箱 | トップページ | 三嶋大社(10) 頼家の般若心経② »

コメント

般若信経~

  覚えなくてわ(^^)歩遍路に・・

  いるんやで!!

投稿: ヒロシ | 2006年4月 5日 (水) 19時10分

般若心経を覚える為には、まず「書く」事。
墨をすって、筆で書いてみたら?(~ひ~)さん。
800年後には国宝かな?

投稿: merry | 2006年4月 5日 (水) 21時13分

ヒロシさん、merryさん訪問ありがとうございます。
般若心経・・・覚えようとしたことはまだありませんが。ボケ防止にトライしてみようかな~。

投稿: しずか | 2006年4月 5日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/9424809

この記事へのトラックバック一覧です: 三嶋大社(9) 頼家の般若心経①:

« 三嶋大社(8) 政子の梅蒔絵手箱 | トップページ | 三嶋大社(10) 頼家の般若心経② »