« 義経の逃避行(3)勝手神社 | トップページ | 義経の逃避行(5)吉水神社 »

2006年5月11日 (木)

義経の逃避行(4)勝手神社 舞塚

勝手神社の境内に、静の舞塚という石碑がある。
ここで、捕らえられた静が無理やり法楽の舞を舞わされたのだという。

勝手神社には、大海人皇子(天武天皇)が社前で琴を奏でていると天女が下りてきて舞ったという伝説も伝わっている。
静の舞は天女の舞のようだったのだろうか。C_8 C_12

|
|

« 義経の逃避行(3)勝手神社 | トップページ | 義経の逃避行(5)吉水神社 »

コメント

ここでも静は、舞を舞ったのですね。
天女のような舞だったので静に間違いないとされ鎌倉に送られ又舞を舞わされたのではないでしょうか。

投稿: ラメール | 2006年5月11日 (木) 00時40分

このあたりを歩いている人で、この舞塚を知っている人はほとんどいないでしょうね。
私達はかなりマニアックなのでしょう。(笑)

投稿: merry | 2006年5月11日 (木) 22時38分

ラメールさん、merryさん訪問ありがとうございます。

静の舞はきっと「ただ者の舞」ではなかったのでしょうね。無理にやらされたといっても、白拍子としてのプライドもあったのでしょうから。

ここでのんびりとお昼を食べている人たちは、この石碑に気付いていなかったかもしれません。

投稿: しずか | 2006年5月11日 (木) 22時52分

こりゃ~全く気づいていないよ・・・

(^し^)さんや(^め^)さんが石碑にお尻を向けて座る筈ないものね~!

投稿: やっちゃん | 2006年5月12日 (金) 06時13分

やっちゃんさんもそう思いますか?
そう考えると、merryさんも私もかなりの少数派行動?(笑)

投稿: しずか | 2006年5月12日 (金) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/10002276

この記事へのトラックバック一覧です: 義経の逃避行(4)勝手神社 舞塚:

« 義経の逃避行(3)勝手神社 | トップページ | 義経の逃避行(5)吉水神社 »