« 義経の逃避行(6)吉水神社 | トップページ | 義経の逃避行(8)吉水神社 »

2006年5月14日 (日)

義経の逃避行(7)吉水神社

「義経潜居の間」の隣には一畳の「弁慶思案の間」があります。ここで彼らはこの先の逃亡のルートを考えていたのでしょうか。 _c 1b_c_3

|
|

« 義経の逃避行(6)吉水神社 | トップページ | 義経の逃避行(8)吉水神社 »

コメント

こんな狭い部屋で大男の弁慶が思案橋?だったのですね?
ごめんね? 茶化して・・・

投稿: やっちゃん | 2006年5月15日 (月) 18時30分

ほんと、私もここに行った時、「弁慶思案の間」が狭いので驚きました。
あの豪快な弁慶がこの部屋では、窮屈だったでしょうね~

投稿: merry | 2006年5月15日 (月) 22時04分

やっちゃんさん、merryさん、訪問ありがとうございます。
私もびっくりしましたよ。
大男が背中を丸めてこの部屋に潜んでいたのかと思うと・・・
人間、狭い場所で思案して、良い案が浮かぶのでしょうか?

投稿: しずか | 2006年5月15日 (月) 23時25分

こんにちは!突然すみません。
前にブログに遊びに来ていただいたpochiといいます。

今日テレビを何気に見たら吉野山が写ってて神社が出てたんです。そしたらなんだか胸がいっぱいになってドキドキしてなんとなく涙が出てきて・・・。なんていうところだろうと思ったら『吉水神社』でした。

たしかしずかさんがブログに書いてた~と思って見に来ました。

テレビではそのあと義経潜居の間とかいろいろ紹介されてました。

『義経』にはまって数ヶ月。私の元に義経様が降りてきてくれてるのかな~なんて思ってしまいました。

投稿: pochi | 2006年5月28日 (日) 18時47分

pochiさん、訪問ありがとうございます。
その番組は「世界遺産をめぐる旅」でしょうか?それだとしたら私も見ました。
行ったばかりのところがTVで紹介されると嬉しいもので、TVに釘付けで見ていました。吉野は義経と静の別れの舞台となったところだけに、桜の美しさを味わうと同時に感慨深くなりました。後からブログにお邪魔します。

投稿: しずか | 2006年5月28日 (日) 19時35分

ブログ来ていただいてありがとうございました。またこの話もアップしておきますね。

そうです、世界遺産の番組でした。

吉野山には桜を見に前から行きたいと思ってたんです。そういえば「吉野山 みねの白雪踏み分けて~」の処なんですよね。

やっぱり桜の季節に行ったほうがよいのかな。ほんとは2人がいた冬に行ってみたいけど厳しくつらすぎますよね。

投稿: pochi | 2006年5月28日 (日) 22時58分

pochiさん、再度の訪問ありがとうございます。
私は吉野に行くのが初めてだったので、まずは桜の季節にしました。
義経や静の心情を味わうのなら冬が良いのでしょうが、冬は交通の便が心配でやめました。寒さも厳しいでしょうね。

投稿: しずか | 2006年5月28日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/10068517

この記事へのトラックバック一覧です: 義経の逃避行(7)吉水神社:

« 義経の逃避行(6)吉水神社 | トップページ | 義経の逃避行(8)吉水神社 »