« 義経の逃避行(8)吉水神社 | トップページ | 義経の逃避行(10)吉水神社 »

2006年5月17日 (水)

義経の逃避行(9)吉水神社

奥州から付き従った来た佐藤継信の弟・忠信の兜。
忠信はこの先の上千本、中千本を見下ろす吉野山の展望台・花矢倉のあたりで、義経の身代わりとなって追っ手と戦ったといわれている。_c_3 _c_4

« 義経の逃避行(8)吉水神社 | トップページ | 義経の逃避行(10)吉水神社 »

佐藤継信・忠信」カテゴリの記事

コメント

あまりにも完全に残っていると本当???と疑ってしまいます。

しかし、歴史はロマンですからそのまま信じるほうがいいでしょうね。

これは凄い兜ですね!
800年前に既にこのような細工の技術があった事に驚きます。
正にお宝ですね。

ラメールさん、やっちゃんさん、訪問ありがとうございます。
800年も前のことを追っていると、史実か伝説かの分岐点に立つことがしばしばありますが、そのことにはあまり拘らず、旅を続けてることにしました。

兜はどれも重そうに見えます。こんな重いものを見に着けてよく戦えましたね。

しずかさんはバスを使われたようですから、花矢倉には行きにくかったのではないですか?

merryさん、その通りです。
天気も悪かったので断念しました。
なので写真なナシです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義経の逃避行(9)吉水神社:

« 義経の逃避行(8)吉水神社 | トップページ | 義経の逃避行(10)吉水神社 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ