« 伊豆韮山(8) 源平合戦の陶板① | トップページ | 熊野(ゆや)御前(1) »

2006年5月 3日 (水)

伊豆韮山(9) 源平合戦の陶板②

この陶板の大きさは50センチ四方です。夫婦の像に辿り着く目印もなるし、見ながら歩けば田舎道を歩くのも飽きません。

B_33 B_34 B_35 B_36 B_37

|
|

« 伊豆韮山(8) 源平合戦の陶板① | トップページ | 熊野(ゆや)御前(1) »

コメント

この陶板には頼朝のエピソードが沢山書かれていますね。
全部読めば、ちょっとした頼朝通になれます。

投稿: ラメール | 2006年5月 4日 (木) 00時54分

そうだった・・・
私も文章読まずに写真を撮るのに一生懸命・・
写真が綺麗に撮れなかった時、読んでおけばよかったと後悔する時あります。(笑)

投稿: やっちゃん | 2006年5月 4日 (木) 09時40分

ラメールさん、やっちゃんさん、おはようございます。
私もたまに説明が写真に入れきらず、後で読もうとしてガ~ン・・・ということがあります。
この陶板の説明は簡潔でわかりやすくまとめられていますね。源平ファン初心者でも覚えられる内容です。

投稿: しずか | 2006年5月 4日 (木) 10時36分

蛭ヶ小島に行くには、本当にこの表示は助かりました。
でも、政子の産湯井戸の方面にもあったらもっと嬉しいのに・・と思ったのは私だけ?

投稿: merry | 2006年5月 4日 (木) 21時40分

merryさんに同感です!
駅の反対側に史跡が多いわりには
看板もなくわかりづらいですよね。

投稿: しずか | 2006年5月 4日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/9885204

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆韮山(9) 源平合戦の陶板②:

« 伊豆韮山(8) 源平合戦の陶板① | トップページ | 熊野(ゆや)御前(1) »