« 法華寺(2) 本堂 | トップページ | 興福寺(1)五重塔 »

2006年6月22日 (木)

法華寺(3)法華寺の歴史

法華寺は、もと藤原不比等の住居であったものを、光明皇后が総国分寺尼寺として建立されました。平安時代、平重衡の南都焼き討ちでは、東大寺、興福寺とともに被害を受けました。鎌倉時代、西大寺の叡尊によって再興されましたが、その後も兵火や地震で建物を焼失しました。現在の本堂、鐘楼、南門は、1601年、豊臣秀頼と母・淀君によって再興されたものです。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

1_c 7c_1

|
|

« 法華寺(2) 本堂 | トップページ | 興福寺(1)五重塔 »

コメント

お寺の雰囲気もいわれのありそうな感じを受けます。京都のお寺は、源平に関係のあるのが多いですね。

投稿: ラメール | 2006年6月23日 (金) 01時17分

ラメールさん、コメント有り難うございます。
ここもとても風情があるお寺でした。横笛の雰囲気にぴったりです。

投稿: しずか | 2006年6月23日 (金) 07時31分

興福寺(1)五重塔にコメントは記入できませんとメッセージが出ました。

興福寺五重塔は1420年建立とは古いですね。

投稿: ラメール | 2006年6月24日 (土) 02時54分

(^し^)おはよう~

 おいおい~興福寺にコメントできんぞ!

 はやく~直せ!

投稿: ヒロシです~ | 2006年6月24日 (土) 09時32分

ラメールさん、ヒロシさん、教えてくださってありがとうございました。
今テストしたらできました。どうしてそんな風になってしまうのだろう???

投稿: しずか | 2006年6月24日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/10617291

この記事へのトラックバック一覧です: 法華寺(3)法華寺の歴史:

« 法華寺(2) 本堂 | トップページ | 興福寺(1)五重塔 »