« 寿福寺(1) 北条政子が建てた寺 | トップページ | 寿福寺(3) 実朝の墓 »

2006年7月29日 (土)

寿福寺(2)政子の墓

総門をくぐると、石畳の道が続き、中門に着く。その中門から左手の道が裏側の墓地へと続く。そこにはやぐら(岩窟墓)が造られ、政子の墓がある。2c_27

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

« 寿福寺(1) 北条政子が建てた寺 | トップページ | 寿福寺(3) 実朝の墓 »

北条政子」カテゴリの記事

コメント

政子の墓は洞窟の中にあるのですか。

なぜ、岩窟の中に墓をつくったのでしょうか。

変った場所にお墓があるのですね。
こんな場所じゃ怖い!

ラメールさん、やっちゃんさん、コメントありがとうございます。

鎌倉は、三方を山に囲まれた平地の少ないところであり、
やぐらは平地面積を削らずにつくることができる墓であった。

また、上流階級の人たちの墓がやぐらで、やぐらの前身は法華堂であった。

というのが、やぐらの説明に書かれていました。

この墓に辿り着くまで墓地の中をぐるぐると迷ってしまいました。
一人だと怖いですね。

静けさに包まれている感じ、いいですね~!
政子の墓、寂しい感じがしますが
何故か、見に行きたくなります

ここも、紅葉の季節に行ってみたいです

kimiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
このお寺がある通りは、鶴岡八幡宮の参道とは違って、通る人も少なく静かな通りです。
私もなぜか政子の墓が気になって、6月、7月と二回続けて来てしまいました。引き寄せられる何かがあるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿福寺(2)政子の墓:

« 寿福寺(1) 北条政子が建てた寺 | トップページ | 寿福寺(3) 実朝の墓 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ