« 寿福寺(3) 実朝の墓 | トップページ | 文覚上人(2)頼朝の挙兵 »

2006年7月31日 (月)

文覚上人(1)袈裟御前

俗名は遠藤盛遠。
もとは北面の武士であったが、同僚の源渡(みなもとのわたる)の妻・御前に恋してしまう。
袈裟御前に執拗に言い寄る盛遠に困り果てた袈裟はある決心をする。
わざと盛遠に夫を殺すように仕向け、自分が身代わりになったのだった。
そうとは知らぬ盛遠は、切り落とした首を見てみたら、袈裟のものであった。
ショックのあまり、盛遠は袈裟の首を持って鞍馬のあちこちを逃げ回った。
やがて出家し文覚となり、凄まじい荒行を行う。
その後、荒廃していた京都の神護寺を再興しようと後白河法皇に強訴した為、伊豆に配流された。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

|
|

« 寿福寺(3) 実朝の墓 | トップページ | 文覚上人(2)頼朝の挙兵 »

コメント

何と、すごい話ですね。
袈裟御前のとった行動がすごいとしか、言いようがなくて・・・。

投稿: くま | 2006年8月 1日 (火) 12時21分

くまさん、こちらにもコメントをいただきありがとうございます。

自分の命と引き換えした袈裟御前、意思の強い女性ですね。
殺した相手が袈裟だと知った時の文覚の苦しみは想像を絶するものだったでしょう。

投稿: しずか | 2006年8月 1日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/11123476

この記事へのトラックバック一覧です: 文覚上人(1)袈裟御前 :

« 寿福寺(3) 実朝の墓 | トップページ | 文覚上人(2)頼朝の挙兵 »