« 浄光明寺 | トップページ | 段葛 »

2006年7月 9日 (日)

岩船地蔵堂

鎌倉・扇ヶ谷から亀ヶ谷坂の分岐点に建つ小さなお堂。ここには頼朝の長女・大姫の守り本尊とされる木造地蔵菩薩立像が安置されている。
大姫は許婚の木曽義仲の息子・義高を政略のために殺され、失意のあまり病にかかってしまい、若くしてこの世を去った。
岩船地蔵の名の由来は、地蔵の体内に、船形の光背を備えた石造りの地蔵尊が納められていることによる。C_75 C_76

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

|
|

« 浄光明寺 | トップページ | 段葛 »

コメント

この話を聞くと昨年の大河を思い出します。

娘の許婚を殺した頼朝は、やはり非情な一面を持っていたのですね。

史実として石碑が残っているのですか。

投稿: ラメール | 2006年7月10日 (月) 14時48分

ラメールさん、コメントありがとうございます。
大姫と義高が健気だけに、この話は特に悲しかったです。頼朝は自分の娘をも不幸にしてしまいましたね。

投稿: しずか | 2006年7月10日 (月) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/10809684

この記事へのトラックバック一覧です: 岩船地蔵堂:

« 浄光明寺 | トップページ | 段葛 »