« 文覚上人(3)文覚上人屋敷跡 | トップページ | 元八幡 »

2006年8月 3日 (木)

勝長寿院跡

頼朝が父・義朝の菩提を弔うために1185年に勝長寿院を建てた。
義朝と鎌田正清の首が埋められたと伝えられている。
当時は、本堂、五仏堂、三重塔などを備えた大寺院であったが、今は住宅地に石碑が残るのみである。1c_29 C_95 2c_28

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

|
|

« 文覚上人(3)文覚上人屋敷跡 | トップページ | 元八幡 »

コメント

鎌倉は、すみずみまで廻られたのですね。
石碑だけ残っている遺跡を探すのは苦労します。地元の人もあまり関心がない場合があります。

ここもよく探されましたね。

投稿: ラメール | 2006年8月 4日 (金) 00時00分

ラメールさん、コメントありがとうございます。

今回訪ねた中で、この石碑が一番わかりにくかったです。
何度も道を聞きなおして、最後にはこの石碑の前まで連れて行ってもらいました。

投稿: しずか | 2006年8月 4日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/11137320

この記事へのトラックバック一覧です: 勝長寿院跡:

« 文覚上人(3)文覚上人屋敷跡 | トップページ | 元八幡 »