« 鎌倉幕府の変遷 | トップページ | 宝戒寺(1) »

2006年8月24日 (木)

土佐坊昌俊邸跡

小町大路沿いに土佐坊昌俊邸跡の石碑が建っている。

頼朝から京都・堀川にいる義経を討つことを命じられた昌俊は、出発前に頼朝に面会し、自分にもしものことがあったら、下野に残してきた年老いた母と子供たちに情けをかけて欲しいといったと伝えられている。
結局、義経暗殺は失敗に終わり、捕らえられた昌俊は六条河原で処刑された。

しかし、これには異説もあり、以前、義経の父・義朝に仕えていた昌俊を、義経は殺すことができず逃がしたという。
今となってはどちらが真実か闇の中である。C_109

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

土佐坊昌俊については過去の記事2006年3月8日「左女牛井之跡」もご覧下さい。

http://shizuka.cocolog-tnc.com/shizuka/2006/03/index.html

« 鎌倉幕府の変遷 | トップページ | 宝戒寺(1) »

土佐坊昌俊」カテゴリの記事

コメント

土佐坊は、なつかしい名前ですね。
義経を襲ったTVを思い出します。
あの頃は、毎日義経でしたが、今は、このブログで義経楽しんでいます。

しずかブログ強いですね。
固定訪問者がついているのでアクセス数もあまり変動がないのでしょう。
頑張ってください。

ラメールさん、いつもありがとうございます。
「義経」の大河は昨年でしたから、今もなお
義経を追っている人は少なくなったと思います。
私は義経だけでなく、義経をとりまく人のことももっと知りたい気持ちでいます。
ここを訪問してくださる方に少しでも興味を持ってもらえるような記事が書けたら良いのですが。
今後もよろしくお願いします。

土佐坊・・・と聞くと(名前忘れたけど・・)あのどんぐり眼のドラマの俳優の顔を思い出します。

しずか さん

おはようごいざいます。

義経関係を追いかけている姿勢に感動です。

今年、5月に平泉、そしてお盆に山形に出かけ最上川くだりをやってきました。

双方、義経のにおいを感じて最高でしたヨ!

やっちゃんさん、コメントありがとうございます。
私もあのギョロ目の俳優さんのイメージが定着してしまいました。
この石碑を「発見」した時も、真っ先にあの人の顔が浮かびましたよ!(笑)

感動創造さん、いつもありがとうございます。

今年、平泉に行かれたのですか。
毛越寺や中尊寺を回られたのでしょうね。
私は昨年の6月に行きました。
大河の影響でどこへ行っても「義経」の
ポスターが貼ってありました。
もしかしたら今でもかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐坊昌俊邸跡:

« 鎌倉幕府の変遷 | トップページ | 宝戒寺(1) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ