« 祝・一周年! | トップページ | 安養院 »

2006年8月 5日 (土)

源氏と鎌倉を結びつけた源頼義

平忠常の乱(1028~1031)を鎮圧し、平直方に見込まれ、娘婿となる。鎌倉の直方の屋敷を譲り受け、源氏と鎌倉を結びつけることなった。二人の間に生まれたのが八幡太郎義家である。
前九年の勝利の礼として、源氏の氏神である岩清水八幡宮を勧請し、由比若宮(元八幡)を創建するに至った。(義経伝説紀行参照)

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

|
|

« 祝・一周年! | トップページ | 安養院 »

コメント

源平の対決もはじめは、仲がよかったのですね。

いつから、源氏対平家になったのでしょう。
清盛のころからでしょうか。

投稿: ラメール | 2006年8月 5日 (土) 04時54分

ラメールさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
やはり清盛の時代からといえますね。
また、平家は一門同士が結束が固いのに対し、
源氏は身内同士の争いが目立ちましたね。

投稿: しずか | 2006年8月 5日 (土) 09時08分

しずかさん、初めまして。コメント有難う御座います。

東京都下には、源頼義が戦勝を祈願した「百草八幡神社」だけでなく、
阿部氏を討ち奥州より帰る途中、病にかかった源義家を治癒したという
「箭幹八幡宮」や九郎判官(義経)が奥州に逃れる途中、潜みかくれたと
いう穴の伝説がある「かくれ穴公園」など奥州古道の道筋に多くの源氏
に関わる足跡を見ることができます。

投稿: 電柱男(撮っ都下なくっちゃ!) | 2006年8月27日 (日) 23時22分

電柱男さん、はじめまして。

東京にも源平にゆかりのあるところがあるのですね。
「箭幹八幡宮」や「かくれ穴公園」というのも初めて知りました。
また電柱男さんのブログへお伺いしますので今後もよろしくお願いします。

投稿: しずか | 2006年8月28日 (月) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/11157676

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏と鎌倉を結びつけた源頼義:

« 祝・一周年! | トップページ | 安養院 »