« 北陸の旅(1)篠原古戦場 | トップページ | 北陸の旅(3)木曽義仲、主従の像 »

2006年9月18日 (月)

北陸の旅(2)首実盛の洗池

赤地の錦の直垂に、萌黄縅の鎧を着た一騎の武者に手塚太郎光盛が「なのらせ給え」と声をかけたが名乗ろうとしない。ついには光盛がその武者の首を討ち取り、首を義仲に見せた。義仲は直感で実盛だと思い、実盛と親しかった樋口次郎兼光に確かめさせた。
実盛は日頃から「年老いていると侮られないように戦に赴く時は髪を黒く染めていこう。」と兼光に話していたという。
その首を目の前の池で洗ってみると黒髪は白髪となって現れた。

実盛の首を洗ったという「首洗池」が篠原古戦場の中にあります。1c_45

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

|
|

« 北陸の旅(1)篠原古戦場 | トップページ | 北陸の旅(3)木曽義仲、主従の像 »

コメント

よく<首洗い池>と言うのがありますね。
討ち取ったのが本当なのか首実験が必要だったのですね・・・

投稿: やっちゃん | 2006年9月18日 (月) 11時13分

やっちゃんさん、おはようございます。

「首洗い」と名が付いただけで不気味なものに思えます。池もよどんでいるような・・・
当時「首実験」が不可欠なものであったことは確かですね。

投稿: しずか | 2006年9月18日 (月) 11時52分

実盛という人は本当に気丈な方だったんですね。
池は当時から変わらないような佇まいですね。

投稿: ヤス | 2006年9月18日 (月) 18時04分

しずか さん

こんばんは!

当時は、首実検といっても、もう腐敗してしまって、あんまりよくわからなかった!なんていう説もありますよね。

確かに技術もドライアイスも、交通手段もないだけに、大変だったんでしょうね。

投稿: 「感動創造」 | 2006年9月18日 (月) 20時59分

ヤスさん、こんばんは!

実盛の戦に向かう心構え、立派としか言いようがありません。
この池はすべてを映していたのでしょうか。

投稿: しずか | 2006年9月18日 (月) 21時12分

感動創造さん、こんばんは!

首実検について
義経の場合も腐っていたので
身代わりだったかもしれない
という説もありますね。

投稿: しずか | 2006年9月18日 (月) 21時16分

首実検てする方も苦しくて悲しいことですね。
今では考えられないことだし、
昔ならではの工夫をしても腐敗して本当かどうか見分けがつかない。
そこからいろんな伝説も生まれていったんですね。

投稿: pochi | 2006年9月18日 (月) 21時27分

pochiさん、こんばんは!

そうですね~。
首実検をやる方も切ないですよね。
「首実験」という言葉だけでもゾっとします。

投稿: しずか | 2006年9月18日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/11803056

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸の旅(2)首実盛の洗池:

« 北陸の旅(1)篠原古戦場 | トップページ | 北陸の旅(3)木曽義仲、主従の像 »