« 北陸の旅(23)安宅住吉神社 与謝野晶子の歌碑 | トップページ | 北陸の旅(25)如意の渡像 »

2006年10月10日 (火)

北陸の旅(24)弁慶謝罪の地

石川県能美市の道林寺跡には弁慶謝罪の地として、義経と弁慶の像がある。

1187年2月10日、弁慶と富樫の問答により、無事に安宅の関を通り抜けた義経主従。
弁慶は主人を金剛杖で打ったことをこの地で心より謝罪した。
義経は「機知の働きは天の加護」とその忠誠心を厚くねぎらったという。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

C_1502c_45C_159C_158

|
|

« 北陸の旅(23)安宅住吉神社 与謝野晶子の歌碑 | トップページ | 北陸の旅(25)如意の渡像 »

コメント

しずか さん

こんばんは。

大河でもそのシーンやってましたよね。

義経主従の絆は、本当に感動しました。

「三度生まれ変わっても、我らは主従ぞ!」

今でも台詞が出てきますヨ!

投稿: 「感動創造」 | 2006年10月10日 (火) 00時28分

感動創造さん、おはようございます。

あのセリフにはじ~んときました。
義経主従の絆の深さを再認識できた場面でもありました。

投稿: しずか | 2006年10月10日 (火) 08時09分

しずかさん、こんばんは。
感動のシーンですよね。
義経を思う弁慶の気持ちが切ないです。

投稿: lovespoon | 2006年10月10日 (火) 23時16分

lovespoonさん、こんばんは!

弁慶をはじめ、義経の家来はみな忠実であったようですね。その点は義経も幸せであったと思います。

投稿: しずか | 2006年10月10日 (火) 23時36分

こんばんは!
もう~~名シーンが目に浮かびますね。
この義経像はなかなかキレイですね。
弁慶はちょっとイメージじゃないけど・・。

P.S.トラックバックしていただいてて
ありがとうございます。
(ぜんぜん気づいてませんでした!ごめんなさい。しくみがよくわかってなくて・・・汗)

投稿: pochi | 2006年10月11日 (水) 23時04分

pochiさん、TB返しありがとうございます。

弁慶の顔は・・・私もイメージが違う!と思いました。(なんか普通のオジさんみたい)
義経は美しい女性っぽい顔をしていますね。

ここまで行った人はそんなにたくさんいないと思います。タクシーの運転手さんにもそう言われました。(笑)

投稿: しずか | 2006年10月11日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/12091747

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸の旅(24)弁慶謝罪の地:

« 北陸の旅(23)安宅住吉神社 与謝野晶子の歌碑 | トップページ | 北陸の旅(25)如意の渡像 »