« 北陸の旅(25)如意の渡像 | トップページ | 北陸の旅(27)大伴家持の歌 »

2006年10月12日 (木)

北陸の旅(26)如意の渡

伏木駅から徒歩で数分の小矢部川河口の渡舟場「如意の渡」
ここには今も伏木と新湊市を結ぶ渡舟があり、地元住民の通勤通学の足となっています。
私も実際この如意の渡に乗船してみました。
乗船料はわずか200円。ぐるっと数分周遊して船着場に戻って来ます。
乗船のしおりをもらえるし、義経一行の気分を味わうにはお薦めです。
船着場の前には、義経と弁慶の看板があり、記念撮影出来るようになっています。1c_54 2c_46 1c_55

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

« 北陸の旅(25)如意の渡像 | トップページ | 北陸の旅(27)大伴家持の歌 »

源義経」カテゴリの記事

コメント

しずか さん

おはようございます。

風情があっていいですね!
しかも200円とはお得です!

渡し舟にのって、歴史を味わうってのもオツですね~!

安宅関ほどでは無いけど大河で一躍脚光を浴びた場所ですね。
渡し舟に乗る際、たった二人の客の為に 昼食中の箸を止めて運行して下さったのを思い出します。

感動創造さん、おはようございます!

初めは乗る予定ではなかったのですが、
切符売り場のおばさんが面白い人でついつい
載せられました。(笑)
お洒落な船ではないけど、ちょっとしたクルーズでしたよ。

やっちゃんさん、おはようございます!

200円は今時、安いですよね~。
私たちの時も、乗客は二人でしたよ。(笑)
戻って来た時に、女子中学生が自転車ごと
乗船するところでした。

最近は、海にもよく行きます
日本海の景色もいいですね
義経と弁慶の看板があり・・・
須磨寺にもこういうのありましたよ
しずかさんも、みられたと思いますが

kimiさん、おはようございます!

源平史跡にある義経や弁慶の
看板、行ったところはすべて
撮りましたよ!
もちろん顔を出したのもね!
日本海の景色、また見に行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸の旅(26)如意の渡:

« 北陸の旅(25)如意の渡像 | トップページ | 北陸の旅(27)大伴家持の歌 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ