« 北陸の旅(29)気多神社 本殿 | トップページ | 北陸の旅(31)雨晴海岸 »

2006年10月16日 (月)

北陸の旅(30)気多神社 大伴神社

気多神社の境内にある大伴神社。
昭和60年に大伴家持没後1200年を記念して建てられました。
家持は越中守として赴任した5年間に224首の歌を詠んだとされています。
境内に家持の歌碑がありました。

馬並めて いざうち行かな 渋谷の 清き磯みに 寄する波見に 1c_57 2c_47

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

|
|

« 北陸の旅(29)気多神社 本殿 | トップページ | 北陸の旅(31)雨晴海岸 »

コメント

大伴家持は越中の国司であった為、富山(特に高岡近辺)には沢山のゆかりの史跡があると思います。
万葉集で歌人でも有名です。
気多神社は如意の渡しの近くでしたか?
何だか行ったような気がします。

投稿: やっちゃん | 2006年10月16日 (月) 20時26分

やっちゃんさん、こんばんは!

気多神社は、如意の渡しから一度駅に
戻って、タクシーで行きました。
歩くと結構な距離だと思います。
上り坂の連続だし、車で行って正解
でした。

投稿: しずか | 2006年10月16日 (月) 23時02分

宮島の旅、お疲れさんでした。
さっそくコメントへの返事書いておられるのですね。

宮島に行かれたので、源平の史跡、全制覇されたことになりますね。
おめでとう&おつかれさんでした。

日本で唯一の「全源平の史跡紹介ブログ」ですから今後も書き続けてください。

投稿: ラメール | 2006年10月16日 (月) 23時45分

ラメールさん、ただいま!

宮島の旅、十分楽しんできました。
ラメールさんの源平史跡のブログの
記事(千畳閣、厳島神社)をプリントアウト
して持っていったのですよ。とても参考になりました。
ありがとうございます。

投稿: しずか | 2006年10月16日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/12157741

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸の旅(30)気多神社 大伴神社:

« 北陸の旅(29)気多神社 本殿 | トップページ | 北陸の旅(31)雨晴海岸 »