« 泥塔 | トップページ | 五条の大橋のセット »

2006年10月27日 (金)

龍笛

龍笛は、雅楽の歴史において、舞踏とともに宮廷や寺院の行事に欠かせないものでした。平安時代以降は貴族や武士のたしなみとして親しまれました。

ドラマの中で義経が吹く龍笛の音は、母・常盤を想う心の象徴となっていました。
龍笛の切ない音色がぴったりでしたね。C_169

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

« 泥塔 | トップページ | 五条の大橋のセット »

源義経」カテゴリの記事

コメント

しずか さん

おはようございます。

そういえば、あの笛は印象的でした。

常盤の稲森いずみさん、かわいいですよね~(なんの話?)

義経に優しさと厳しさを持って接していた御母上。なにげに感動してました。

感動創造さん、おはようございます。

常盤役の稲森さん、本当に美しかったですね。「都一の美女」にふさわしい人でした。彼女は洋服よりも着物の似合うようですね。
あんな美しい親子は滅多にいません!

笛の音色ってとても素敵ですね。
物悲しくて胸が痛くなってきます。・・・

先日、須磨寺に行ったときに
これに似た笛を吹かれていた方を見かけました
素敵な音色♪♪ 見かけによらず音は大きかったです

やっちゃんさん、こんばんは!

同じ笛でも西洋の楽器は龍笛のような物悲しい音色は出ませんね。
切ない音を出せるのが和楽器の特徴だと思います。

kimiさん、こんばんは!

須磨寺で演奏会が行われることがあるのですか?良いですね~。
先日、宮島で舞楽を観ましたが寺院でのコンサートにも一度行ってみたいです。
須磨寺といえば平敦盛。
敦盛は笛の名手だったのですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍笛:

« 泥塔 | トップページ | 五条の大橋のセット »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ