« 紅葉の鞍馬(2)由岐神社の由緒 | トップページ | 紅葉の鞍馬(4)由岐神社の大杉 »

2006年12月17日 (日)

紅葉の鞍馬(3)由岐神社の拝殿

建物の真ん中を参道の石段が通る珍しい形の「割拝殿」は、桃山時代の代表的建造物で、国の重要文化財にも指定されています。
慶長12年、豊臣秀頼によって再建されました。13_c 20_c

|
|

« 紅葉の鞍馬(2)由岐神社の由緒 | トップページ | 紅葉の鞍馬(4)由岐神社の大杉 »

コメント

しずか さん

こんばんは!

へぇ、そうですか!

秀頼ですか。

秀頼も大坂から抜け出して九州へ落ち延びたとか
天草四郎は豊臣の血をひいているとか、いろんな説もありますよね~!

どうなんでしょうか!

投稿: 「感動創造」 | 2006年12月17日 (日) 19時48分

感動さん、こんばんは!

たしかに天草四郎の秀頼落胤説はありますね。
馬印が秀吉と同じ瓢箪であったこと、大阪夏の陣において
秀頼が大坂城から脱出して九州に逃れていたとする話があることでそのような説が広まったのでしょうね。
真実はどうなのでしょう?


投稿: しずか | 2006年12月17日 (日) 20時22分

割拝殿?
本当に珍しい建造物ですね。
随分と長い歴史を感じさせます。

投稿: やっちゃん | 2006年12月18日 (月) 09時35分

すごいですね。

真ん中を参道にするなんて、、

夏は涼しくお参りできていいですね(*^▽^*)

投稿: うさこ@うきうき日記 | 2006年12月18日 (月) 11時30分

やっちゃんさん、こんにちは!

本当に珍しいですよね。
私も初めて見ました。
拝殿の隙間から見える大杉が
素敵でした。

投稿: しずか | 2006年12月18日 (月) 14時45分

うさこさん、こんにちは!

真ん中を通ると不思議な感じが
しますが、そこから下を見下ろすと
気持ち良いですよ!

投稿: しずか | 2006年12月18日 (月) 14時47分

ここの「大杉」が大河ドラマ「義経」のオープニングに写っていたのですよね。
歴史を感じさせる大杉ですね。

投稿: merry | 2006年12月18日 (月) 20時56分

merryさん、こんばんは!

そうですね。
あの大杉はシンボルになりますよね。
「義経」を見ていなかったらここにも
来ていなかったかもしれません。

投稿: しずか | 2006年12月18日 (月) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/12981429

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の鞍馬(3)由岐神社の拝殿:

« 紅葉の鞍馬(2)由岐神社の由緒 | トップページ | 紅葉の鞍馬(4)由岐神社の大杉 »