« 紅葉の鞍馬(7)鞍馬寺金堂 | トップページ | 紅葉の鞍馬(9)霊宝殿 »

2006年12月27日 (水)

紅葉の鞍馬(8)翔雲台

金堂前には小さな広場があり、翔雲台と呼ばれている。
ここは,
都の北方守護のため、本尊が降り立った場所という。
中央にある板石は、金堂の裏より出土した経塚の蓋石である。

31c

|
|

« 紅葉の鞍馬(7)鞍馬寺金堂 | トップページ | 紅葉の鞍馬(9)霊宝殿 »

コメント

しずか さん

こんばんは!

こちらに伺うたびに
鞍馬へ行ってみたくなります!

ちょうど京都に引っ越してしまった
元社員と電話で話していて
今度遊びに行くから~!
なんてこと言っていたんですよね!

投稿: 「感動創造」 | 2006年12月27日 (水) 23時11分

感動さん、こんばんは!

京都に知り合いがいるなら
行き易くなりますね。
泊めてもらえば宿の心配を
しなくても良いですものね。

投稿: しずか | 2006年12月27日 (水) 23時49分

しずかさん、こんにちわ!
そういえば、金堂の前にこんなのがあったのを覚えてます。
「経塚の蓋石」なのですか。
こんな重そうな物で蓋をしたのですね。
昔の人は力と智恵があったのでしょうね。

投稿: merry | 2006年12月28日 (木) 14時45分

merryさん、こんにちは!

二度目の鞍馬は、前回よりもじっくり
見ることが出来ました。
あそこまで時間をかけて行ってすぐに
引き返すのはもったいないですからね。
「石」ひとつにも意味があることを知りました。

投稿: しずか | 2006年12月28日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/12993267

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の鞍馬(8)翔雲台:

« 紅葉の鞍馬(7)鞍馬寺金堂 | トップページ | 紅葉の鞍馬(9)霊宝殿 »