« 貴船神社(3)思ひ川 | トップページ | 貴船神社(5)結社 »

2007年2月 2日 (金)

貴船神社(4)奥宮の伝説

貴船神社のお参りは、本宮、奥宮、結宮の順にお参りする三社詣という慣わしがあります。私もこれに習って参拝することにしました。
奥宮は、もともと貴船神社の本宮があったところで、神武天皇の母・玉依姫が社殿を建てたと伝わっています。
奥宮には数々の伝説が伝わっていて、社殿の前には玉依姫が乗ってきた船を小石で覆い隠したといわれる御舟形石があります。この小石を持っていくと海上安全になるといわれています。
また本殿下には龍穴があり、昔、本殿修理の時、大工が誤ってノミを落としたところ、にわかに嵐が起こり、ノミを空中へ吹き上げたといわれています。

20_c_123_c_1

|
|

« 貴船神社(3)思ひ川 | トップページ | 貴船神社(5)結社 »

コメント

しずかさん

こんばんは!

やっと帰ってきました。

さすがに昨晩は遅くまでやっていたので眠いっす。
(笑)

大工のミノが・・・ですか。
それまた神秘的な言い伝えですね。

投稿: 「感動創造」 | 2007年2月 3日 (土) 23時39分

感動さん、お帰りなさい!

お疲れのところ、コメントありがとうございます。
今日は早目にお休みくださいね。

伝説もいろいろありますね。
こういう話も大好きです!

投稿: しずか | 2007年2月 4日 (日) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127330/13665380

この記事へのトラックバック一覧です: 貴船神社(4)奥宮の伝説:

« 貴船神社(3)思ひ川 | トップページ | 貴船神社(5)結社 »