« 大原(5)法然上人腰掛石 | トップページ | 大原(7)落合の滝 »

2007年2月22日 (木)

大原(6)朧の清水(おぼろのしみず)

寂光院へ続く道の傍らにある建礼門院ゆかりの史跡。
建礼門院が京都から寂光院へ向かう途中、この清水に自分の姿を映してみたら月光によっておぼろげに見えたという。
おぼろに映ったのは建礼門院の姿だけでなく、平家一門が滅亡してしまったという悲しい心をもであろう。C_194 1c_70 2c_56

« 大原(5)法然上人腰掛石 | トップページ | 大原(7)落合の滝 »

建礼門院」カテゴリの記事

コメント

建礼門院、なつかしい名前ですね。

きれいは花が飾られているのは、
今も訪れる人が多くいるのでしょうね。

ラメールさん、コメントありがとうございます。
大原といえば建礼門院ですね。
この他にも建礼門院ゆかりの史跡がありましたので少しずつ載せていきます。

しずかさん

おはようございます!

ここもまた趣きがありますね。

建礼門院ゆかりの史跡ということで、これから紹介していただけるのを楽しみにしております。

感動さん、いつもありがとうございます。

大原もゆっくり進めて行きますので
またお立ち寄りくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原(6)朧の清水(おぼろのしみず):

« 大原(5)法然上人腰掛石 | トップページ | 大原(7)落合の滝 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ