« 大原(11)寂光院 本堂と雪見灯籠 | トップページ | 弁慶腰掛石 »

2007年3月17日 (土)

大原(12) 寂光院と平家物語 

後白河法皇が大原へ建礼門院を訪ねる場面が描かれているのが、平家物語の「大原御幸」の章です。法皇は、建礼門院を気遣い、ごく少数のお供を連れて、お忍びで会いに来ました。平家一門を破滅に追いやった黒幕である法皇と対面した建礼門院の心情はいかなるものだったのでしょう。

寂光院には
汀の池(みぎわのいけ)、千年姫子松、汀の桜、諸行無常の鐘楼など平家物語ゆかりの遺跡がいくつかあります。
汀の池は、法皇が建礼門院を見舞った際に詠んだ歌にちなんでいます。


池水に みぎわの桜 散りしきて
 なみの花こそさかりなりけれ7_c_2 6_c 8_c_1 11_c

« 大原(11)寂光院 本堂と雪見灯籠 | トップページ | 弁慶腰掛石 »

建礼門院」カテゴリの記事

コメント

占いのコーナーができているんですね。

海運心理テストをしようとクリックしましたが、
3月は休みのようです。
はじめから当たらなかった。

しずか さん

おはようございます。

いい感じですね。

このあたりも足を運んだことがないので、一度は行ってみたいです。

しずかさんのブログをみていると
行きたいところが増えて困りますねー!(笑)

ラメールさん、おはようございます。

自分のページにありながら
見た事がありませんでした。
お休みでした?
私も占いチェックしてみます!

感動さん、いつもありがとうございます。

そう言っていただけると嬉しいです。
感動さんの会社のツアーで大原で
いかがでしょう?

久しぶりにおじゃましに来ました。
いつも丁寧に説明されてますね。勉強になります。
汀の池の後ろにある松が哀れですね。

merryさん、訪問ありがとうございます。

本堂が復元されてから一度も行っていないので
久し振りに大原を訪れてみました。
紅葉の季節に撮った写真です。
もう春を迎えようとしているのに。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原(12) 寂光院と平家物語 :

« 大原(11)寂光院 本堂と雪見灯籠 | トップページ | 弁慶腰掛石 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ