« 大原(8)建礼門院大原西陵 | トップページ | 大原(10)寂光院と建礼門院  »

2007年3月 3日 (土)

大原(9)沙羅双樹の木

大原で見つけた沙羅双樹の木。

沙羅双樹といえば「平家物語」の冒頭を思い浮かべますね。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

沙羅双樹は釈迦が入滅する時、床の四方にそれぞれ二本ずつ計八本の沙羅の木があり、東西の二双がそれぞれ一樹となり、釈迦の体を覆って白色に変化したという。
沙羅はインドに産する木の名で、梵語で高遠という意味がある。

« 大原(8)建礼門院大原西陵 | トップページ | 大原(10)寂光院と建礼門院  »

義経ゆかりの地を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

しずか さん

おはようございます。

平家物語の冒頭は、有名ですよね。

しかしながら

>沙羅はインドに産する木の名で、梵語で高遠という意味がある。

はじめて知りました・・・

ありがとうございます。

しずかさん、北海道はまだでしたか。

北海道は歴史的なところは少ないかもしれませんが、けっこういいところですよ!!

感動さん、おはようございます。

そうなんですよ。
北海道はまだなんです。
なにかきっかけがあればすぐに
飛んで行くのですけどね~。(笑)

しずかさん、こんにちは!
コメント、本当にありがとうございました☆
なかなかお邪魔できなくて、スイマセンでした。。。^^;

北海道、感動創造さんではないですが、いいところですよ~。
僕も大好きなんです♪

いつか・・・家族でまた行きたいなぁ~。。。

りっきーさん、お忙しい中ありがとうございます。
私はあちこち行くわりには北海道はまだなんです。どうも同じ所ばかり行く傾向がありまして。(笑)
近いうちに北海道遠征を計画したいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原(9)沙羅双樹の木:

« 大原(8)建礼門院大原西陵 | トップページ | 大原(10)寂光院と建礼門院  »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ