« 横笛と入道の悲恋 大堰川(おおいがわ) | トップページ | 法金剛院 »

2007年5月12日 (土)

法輪寺

嵐山の法輪寺は、嵯峨の虚空蔵(こくぞう)さんと呼ばれ七五三参りや針供養で知られています。その本堂奥の山中に小督塔があります。

高倉天皇は建礼門院がいながらも、琴の名手である小督を愛してしまいます。

清盛の怒りを買った小督は嵯峨に身を隠し・・・

能の「小督」では、高倉天皇の側近・源仲国が琴の音を頼りに小督を探しに来て、法輪寺で出会う場面が描かれ、「平家物語」では亀山のあたりから琴の音が聞こえてきたとある。(源平史跡177選参照)

小督の過去の記事についてはこちらImg_0394c Img_0395c Img_0398c

« 横笛と入道の悲恋 大堰川(おおいがわ) | トップページ | 法金剛院 »

小督」カテゴリの記事

コメント

しずかさん、おはようございます!
5月らしいテンプレに変わりましたね♪
桜の季節が終わった後の春に、ピッタリかも☆

ここは初めて知りましたが、そのような歴史があったんですね。。。
理由はともかく、意図的に引き離されてしまうのは、何とも哀しい出来事ですよね。。。

りっきーさん、おはようございます。

気分転換にテンプレを変えてみました。

いつも嵐山は天龍寺~竹林の辺りを
ウロウロするのが定番コースなのですが
今回は大覚寺まで足を延ばし、
帰りは法輪寺へ寄ってみました。
ここから見下ろす景色は、なかなかの
ものでしたよ!

しずか さん

おはようございます!

さわやかなデザインですね~!

心がなごみます!

この辺は、散策していると
あっという間に時間が過ぎていくような・・・

最近行ってないなぁ~・・・

また行きたいっす!

感動さん、おはようございます。

そうですね。
私たちも予定時間をオーバーして
散策していました。
お店を見ているのも面白いですものね。

虚空蔵法輪寺といえば、滋賀からでも十三参りに行く、馴染みのあるお寺です。
渡月橋を渡り終えるまでに振り返えると、せっかく授かった智恵を失ってしまうといわれてます。

ここも、平家ゆかりの場所だったのですね。

merryさん、こんばんは!

渡りきるまで振り返ってはいけないと
と聞いたのは最近のことで、今までに
何回も振り返ったかもしれない・・・(笑)
もう遅いか・・・

ごめ~ん!説明不足でした(笑)
振り返ったらいけないのは、十三参りの帰りです。
虚空蔵法輪寺で授けられた智恵を失ってしまうというのは、13歳の子供の話です。

13×2のしずかさんは何度も振り返ってください。
見返り美人だから、世の男性がぞろぞろついて行くでしょう(爆)

merryさん、再度ありがとうございます。

あ~そうなんですか!
子供だけね。(汗)
13×2にしてくれてありがとうございます!(爆)
元々、失うほどの知恵もないけど・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横笛と入道の悲恋 大堰川(おおいがわ) | トップページ | 法金剛院 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ