« 崇徳院地蔵(人喰い地蔵) | トップページ | 安井金比羅宮 »

2007年6月 1日 (金)

崇徳院御廟

祇園の東大路通から裏通りに入ると祇園甲部歌舞伎場がある。
その裏にひっそりと建つ
崇徳院御廟は、阿波内侍によって建てられた。
阿波内侍は、藤原信西の娘で、母親の朝子は後白河法皇の乳母である。
内侍は崇徳天皇に寵愛され、讃岐に配流された崇徳帝が亡くなった後、出家し、御廟を建てた。
内侍は晩年、大原で建礼門院に仕え、最期を看取ったという。Img_0447c Img_0446c

|
|

« 崇徳院地蔵(人喰い地蔵) | トップページ | 安井金比羅宮 »

コメント

しずか さん

こんばんは!!

崇徳院御廟ですか。

それぞれに、まつわるお話、エピソードがあるんですね。

勉強になります。

しずかさんのブログを読むと
旅に出たくなりますね。

投稿: 「感動創造」 | 2007年6月 1日 (金) 18時29分

質も~ん(笑)

天皇の御廟だと宮内庁が管理しているけれど、こんな風に阿波内侍が個人的に建てたお墓は宮内庁の管轄ではないのですか?

投稿: merry | 2007年6月 1日 (金) 19時35分

感動さん、いつもありがとうございます。

一人の人についてのエピソードも
追っていくと諸説あって面白いものです。
これからも旅をしながら学んでいきます!

投稿: しずか | 2007年6月 2日 (土) 00時27分

merryさん、質問ありがとうございます。

崇徳帝の御廟は元々、讃岐の白峰山稜に白峯陵(香川県坂出市)が造られたのですが、後に御霊が京都に移され、白峯神社に祀られました。
こちらの御廟はその白峯神社の管轄とのことです。

投稿: しずか | 2007年6月 2日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 崇徳院地蔵(人喰い地蔵) | トップページ | 安井金比羅宮 »