« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月24日 (金)

土御門内裏跡

昨年の秋、京都御所を見学したついでにある石碑を訪ねました。
京都御所蛤御門を出ると京都ガーデンパレスホテルがあります。
その前に立つ
土御門内裏跡の石碑

ここは鳥羽天皇、崇徳天皇、近衛天皇の三代の天皇が約24年間に渡り使用していた里内裏(平安宮内裏以外の邸宅を天皇の在所として用いたもの)があったところです。
10世紀頃は具平(ともひら)親王の邸宅で、12世紀には源師時の邸宅になり土御門第と呼ばれました。
その後火災や台風に遭い倒壊。保元の乱によって廃絶されました。
今ではぽっつりと石碑が残っているだけです。 (源平史跡177選参照)

平安京左京一条三坊九町にあたるこの地(北は上長者町通 南は下長者町通、東は烏丸通、西は室町通)は10世紀頃に村上天皇の皇子・具平(ともひら)親王の邸宅が造営され、12世紀に至って、曾孫源師時(みなもとのもろとき)の邸宅・土御門第となった。白河院近臣の権勢者・藤原顕隆(ふじわらのあきたか)はこの地を買得して内裏を模した最初の里内裏(さとだいり)を営み、鳥羽天皇から崇徳(すとく)、近衛(このえ)と続く3代、24年もの間、天皇の御所となった。この里内裏も、保元元年(1156)の乱によって廃絶した。
  鎌倉・室町時代には清浄華院(しょうじょうけいいん)が移ってきたが、のち豊臣秀吉により寺町に移され、そのあとには黄金塗瓦葺きの大名屋敷が建ち並んだものの、これも秀吉の伏見城造営に際して伏見に移された。
  江戸時代の寛永12年(1636)になって水戸藩邸が営まれたが、幕末の文久4年(1864)、烏丸通を挟んで東向かいにある蛤御門(禁門)で起こった戦火により全焼した。現存する水戸彰考館所蔵史料の多くはこの藩邸で蒐集されたものである。 明治時代に入った後は転々と所有者が変わり、平成8年その一部が京都ガーデンパレスとなった。(案内板より)

Photo_2



Photo


| | コメント (6)
|

2007年8月15日 (水)

祝☆二周年

いつも当ブログを訪問してくださっている皆さん、おかげさまでこの8月で二周年を迎えることができました。
最近はなかなか旅行に出かけられず、更新もスローペースですが、出来る限り当ブログを続けたいと思っています。
今後も応援よろしくお願いします。

| | コメント (14)
|

2007年8月11日 (土)

浮島十三重石塔

宇治川に浮かぶ塔の島には高さ15mの浮島十三重石塔がそびえています。この塔は鎌倉時代、宇治橋の架け替えに際して奈良・西大寺の叡尊によって建立されました。
叡尊は橋の流失は魚霊の祟りであると考え、宇治川での殺生の罪を戒め、供養塔として建てたのでした。

石塔は1756年の大洪水で倒れてしまいましたが、明治になって150年間埋没したものを発掘し再建したそうです。1c 2c

| | コメント (8)
|

2007年8月 2日 (木)

源頼政の墓

埋もれ木の花咲くこともなかりしに
身のなる果てで悲しかりける

と辞世の句を残して頼政は自刃した。頼政の介錯をした長七は、敵に奪われないように頼政の首級におもりをつけて宇治川に沈めたという。
一方、奈良へ逃げた以仁王も矢に当たって亡くなった。

平等院の不動堂の手前に頼政の墓があります。C C_2 1c_2

| | コメント (10)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »